ブーログ › 和ちゃん日記Ⅲ

2018年04月24日 06:30  カテゴリ:カテゴリ:話題

今朝の散歩道④

昨日の天気予報では今日から明日にかけて全国雨模様
その前に・・・帰宅しての天気予報では午後から
トヨスタ周辺のあぜ道に咲いているムラサキサギゴケ(紫鷺苔) ゴマノハグサ科


辺り一面に春を謳歌しているようだ


通りががりのお宅の庭にもサギゴケ(鷺苔) (道路から撮影)
紫サギゴケに対して白サギゴケとも呼ぶ



大ツルボ(大蔓穂) ユリ科 シラー・ペルビアナと言った方がわかりやすいのかも?
地中海沿岸部に原産するキジカクシ科シラー属(蔓穂属)の球根植物
そして、この子にもシロバナがある


こんな子も やや薄暗い内に どこかに隠れるのか移動中

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年04月23日 07:06  カテゴリ:話題

朝の散歩道③

鳥たちは全員早起きである 逆に、お休みの時刻は早い

ヒバリ 子育てシーズン 
地上に降りてから歩いて移動するので巣の位置は判らない


キジも子育てシーズン 
遠くから警告を発声するので、すぐに居場所がわかる


ツグミ シベリアからの渡り鳥
いつ北へ帰るのだろうか


季節に関係なく ゴミ収集場の保護網を引っ張る


望遠では無いノーマルレンズからのトリミングにて画像は粗い・・(^0^;)
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年04月22日 12:21  カテゴリ:カテゴリ:話題

朝の散歩道②続き

ハルジオン アメリカからの帰化植物
ソックリさんのヒメジオンとの見分け方は知らないが今の季節だから
花期の違い ハルジオン4~5月 ヒメジオン初夏~秋 
地球温暖化により 今日も春なのか夏なのか 
今日の最高温度は30℃の予報
ハルジオンとでもしておこう・・・(^0^;) 
 
貧乏草とも呼ばれますが、花自体は可愛らしく美しい
その桃色花

団体さん いらっしゃい!

白色花


 中間の交雑種もあるそうですから、ますます???
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年04月22日 05:14  カテゴリ:

朝の散歩道②

アカツメクサ(赤詰草) 四つ葉のクローバー赤色と表現するとわかりやすい子
原産地はヨーロッパで
牧草として明治時代に導入されたものが野生化して日本全国に分布
別名はムラサキツメクサ


そしてシロツメクサ(白詰草) クローバー


ヘアリーベッチ(複数種あるので代表名) ツメクサと同様に牧草地などに導入


上記、豆科の植物に寄生して育つヤセウツボ 花丈が10センチ程度
それでもラン科の花であるよ (*^ー^)
本来日本には見られない種類で、上のいずれかにおんぶされてきた??
毎年ゴールデンウイークに開催されるガーデニングフェスタ頃に見られるが
今年は道路脇が刈り取られていないので見られないかも?

ただし、外来生物法により要注意外来生物に指定されている


  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2018年04月21日 09:19  カテゴリ:カテゴリ:趣味ブログ

朝の散歩道①

今朝の散歩途中に撮った一枚(5時30分)

マツバウンラン(松葉海蘭)
葉の形が細くて松葉に、そして花がウンラン に似ていることからついた名前
茎も細くて僅かな風でも揺れますから、無風時で無いと撮れません

小さな虫はそろそろお目覚め?

アメリカからの帰化植物で全国各地に分布、道路脇や日当りの良い場所に生える
小さな花ですから、種がアチラコチラにも飛び、庭にもチャッカリ占領軍団となります


  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年04月17日 19:32  カテゴリ:おいしいブログ(グルメ/料理など)

ひつまぶし御前

少し暖かくなってくると ウナギ が食べたくなってくる
かも川を予約し忘れたために 近くで間に合わせよう
それで ひつまぶし御前になっちゃった


4月のおすすめメニューは 花見御膳 

今日も美味しい料理をありがとう
 
食事 和処「花乃里」 女性会員は10%引き 当日入会OK
豊田市岩倉町一本松1-1  ホテルフォレスタ 3F
0565-58-3530
上 2,700円(税込)
下 3,000円(税込)
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年04月16日 06:20  カテゴリ:

スズラン

タップリと雨をうけて 鉢植えの縞斑入り「ドイツスズラン」が
この他にもピンク、八重、大輪、多花咲きなどが作出されています
花屋さんで見かける子は大半がドイツスズラン


次は日本鈴蘭 やや暑さに弱いので暖地での栽培にはやや難があります
北海道産が有名ですが、この子は長野のお店で求めた花(君影草)
このため、夏は木陰となる庭植えで育てています


日本鈴蘭の代名詞でもある君影草の由来は
花茎の高さが低く、花が葉の陰に隠れてひっそりと咲かせる様子を、君の影に寄り添う古き日本女性に例えたものと言われています。
ドイツスズランはこれより花茎が高いのですが、並べて比較しないと判らない程度・・・(^0^;)
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年04月11日 06:39  カテゴリ:

狸囃子

日本桜草なのですが「狸囃子」の名前が付けられた園芸品種です
(いずれもサムネですから、クリックすると拡大されます)


その全体画像


この子は「絞り重ね」
今年は天候不順で育ちが悪かったのですが、それでもなんとか見られるまでに・・・
今年に続き、来年も株を無償提供させていただく予定です


花を見せてくれない「葉ばかり山のホトトギス」も複数種ありました・・・(^0^;)


  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年04月07日 17:36  カテゴリ:

静物

絵画の題材であれば静物になりそうなチューリップ
畑にたくさん咲いているものだから
それらしき花瓶に投げ入れて部屋へ飾ります 


隣で見ていたキンギアナムの桜子が私も投稿して欲しいと言うものだから

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年04月06日 09:18  カテゴリ:

風蘭

ネオスティリス  ピンキー "ニュースター" 日本のフウラン(風蘭)のような馥郁とした香り。
日本の風蘭とリンコスティリス ギガンティアの交配種で、栽培もフウランとよく似ていますが、
低温にはあまり強くなく冬期は室内へ取り入れています


日本の風蘭 (ラン科バンダ属に組み入れられました)

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年04月05日 20:18  カテゴリ:カテゴリ:おいしいブログ(グルメ/料理など)カテゴリ:話題

奥殿陣屋でランチ

TV報道で「2万本のチューリップ」
それに惹かれてついつい 

BUT 駐車場は満杯でした


食事処 金鳳亭(きんぽうてい)へは11時20分に・・・
私は味ご飯を注文しましたが、
本日のおすすめである豆腐料理は間もなくして売り切れ表示
12時より前に退席したのだけれど、満員ご御礼


いつもながらの花より団子だけではお叱りをいただくことになるので
咲いていた枝垂れ桜を添えて

暇なのか、なぜなのかは判らないけど、お年寄りが大半を占め
平均年齢はかなり高かったと思う



その数値を下げるのに貢献していた私
  


Posted by 和ちゃん │コメント(4)

2018年04月05日 09:20  カテゴリ:カテゴリ:蘊蓄

三位一体

房咲きでスプリット・コロナ水仙の銘品「トリパタイト」
名前の由来は知らないけど Tripartite は三位一体とも三者固定とでも表現したいのでしょうか?
この子はスプリット・コロナ水仙の中でもカラー(襟)咲でカップが平たく、それも花弁に密着するように咲きます

スプリット・コロナ水仙はバタフライ水仙とも呼ばれます
さらにカラー(襟)咲とパピヨン(蝶)咲に2分類されます
バタフライ(英語で蝶々)  パピヨン(仏語で蝶々)

次の子は大輪八重咲きで「ホノルル」の名前が付けられています
水仙には他にもラスベガスがあったりして・・・(^0^;)

ホノルル(米国ハワイ州の都市名)、ラスベガス(米国ネバダ州の都市名)

次の子は八重咲き「チアフルネス」
元気が良いとでも、楽しくなるようなとでも捉えるのでしょうか?

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年04月04日 13:20  カテゴリ:カテゴリ:話題

豊田スタジアム 芝桜

今日も気温がどんどん上昇して夏日に
この温度と明後日からの雨、そして月曜日の霜注意報
トヨスタ芝桜の見頃は明日までか?
東側の川堤防沿いを走ると一画にピンクの大座布団が見えます


白色と淡青色の花

<お断り>車での走行中に見かけましたので投稿の画像はいずれも自宅
  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2018年04月04日 06:25  

デンドロビウム

セッコク(石斛) は日本原産のランで学名はデンドロビウム・モニリフォルメ
古典園芸界から長生蘭として育てられています
この子は「小紫」の名前が付けられている園芸品種
拙宅には他にも沢山の種類が今や遅しと、咲くのを待ちわびて・・


デンドロビウム・キンギアナム園芸品種のサクラ Den.kingianum ‘sakura’

一般的に見られるノビル系のデンドロビウム(セッコク属)とは違って
オーストラリア原産のデンドロビウムで強い光や寒さにも耐えられます。
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年04月02日 06:18  カテゴリ:

イリス・ルテニカ・ナナ

イリス・ルテニカ・ナナ  花期は3~5月


その大きさをスケールと比較


原産地 東ヨーロッパ~朝鮮半島
学名 Iris ruthenica var. nana
別名 満州菖蒲(マンシャウアヤメ) 小杜若(コカキツバタ)
東ヨーロッパのルテニア地方(Ruthenia)の小さい(nana) アイリス(Iris)
 
なお、花後に株分けを予定しています  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2018年04月01日 11:13  カテゴリ:

鬼ごっこ

今年一番に咲いてくれた日本桜草「鬼ごっこ」
これらGWに向けて次々と咲いてくれそう・・・(*^_^*)






そして「喝采」


右側の花華 日本桜草についての説明 リンク先
過去記事に遡ると他の品種も見られます
http://kazu599.seesaa.net/article/457132154.html

<追記>
画像変更と追加
投稿の際に「鬼ごっこ」を「狸囃子」してしまい訂正

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年03月31日 20:06  カテゴリ:

ピピット

小型の房咲き水仙「ピピット」
花弁がクリームがかった黄色で副花冠(カップ)が白色のボカシ、
そして2~4程度の房咲きカップ咲き
草丈も30~40cmと小型で、庭植や切り花にもピッタリです。
春の美しい花とその優しい香りが楽しめます。


前にご紹介のティタティタとの違いす(カップまで黄色で1茎1花咲き)


隣り合わせに植えてありますから、対比で良くわかります。


3月30日AM 太陽を背にしての撮影


  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年03月30日 06:27  カテゴリ:

孔雀の名前が付けられた胡蝶蘭

新垣ピーコック(Phal.Arakaki Peacock)
昨日までの陽気であれば屋外へ持ち出せるのですが


30日に正面まで咲き上がりましたので その画像を追加



10年?ほど前に展示会で求めた子 
沖縄県糸満市 新垣洋らん園 作出  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2018年03月29日 20:14  カテゴリ:

ど根性 金魚

道路脇で見つけたリナリア(Linaria)
和名は姫金魚草


姫金魚草は一年草で発芽率抜群の子
コンクリートの隙間から持ち上げて芽生えました
ど根性 そのもの?


  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年03月29日 06:31  カテゴリ:

丹頂草

花茎がまっすぐ植えに伸びて
白い花の一部が赤く色づくことから鶴に見立てて丹頂草
直後に葉の新芽が立ち上がってきます
新葉の赤い種類(斑入り種)も存在します

展開した葉がヤツデににていることから、イワヤツデ(岩八手)の呼び名も



精力旺盛で これから大きく葉を展開し
隣のクリスマスローズに迫りますから間引きをします

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年03月28日 09:30  カテゴリ:

モダンアート

水仙 のモダンアート 副花冠(カップ)豪華なフリル咲き


そしてオランジェリー
白弁にオレンジ色の深くフリルのあるカップ(バタフライ咲き)


一般的なスイセン色ですが 大輪のラスベガス(Las Vegas) 

 
花屋さんの店頭でも良く見られる 定番品種ティタティタ(Tete a tete)
寄り添って咲く様子を見立てて、フランス語で「ひそひそ話し」の名前がつきました

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年03月27日 12:24  カテゴリ:

春爛漫⑨

Phal.Arakaki Rainbow Stripes 蘭科胡蝶蘭属
もう少し暖かくなるまでは室内で過ごさせます(最低気温が10度以上)
この子も強健で10年近く育てています


姫リュウキンカ(八重咲き) キンポウゲ科キンポウゲ属
リュウキンカに似ており小型であることから付けられた名前
やや湿り気のある明るい樹木下が好きで
地植えにしておけば絶えることなく自然に増殖します

本来のリュウキンカはキンポウゲ科キンポウゲ属
黄色の花をまっすぐに立ち上げる様子を見立てて「立金花」  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年03月26日 07:31  カテゴリ:

ガーデンジャイアント

大杯水仙  ガーデンジャイアント
黄色の花弁にオレンジ色のフリル入りカップ
強健ですから、毎年3倍程度に増えてくれます
コンテナ・庭植え・切り花 いずれもにも好適です。

今秋、球根の状態で、無償で差し上げますので ご希望の方は・・


晴天の屋外で撮るときは明暗差(コントラスト)が強いので
レフ板を置いて、補正します



(お急ぎの方には庭で咲いている子を・・・掘りあげてお持ち帰りを)  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年03月25日 08:53  カテゴリ:カテゴリ:趣味ブログ

カトレア

23日に展示されていた子を持ち帰りました
ハッとするような色合いに惹かれました


お色直しをしての登場です


元画像 スターカーニバル「シリウス」


<トップの画像>
黄色と白のコンビではコントラスト感が望めませんのでフォトショップで色直しを
RAWで撮影をしてから DPP4で現像
その後にPhotoshop elementで加筆いたしました
<2つ目の画像>
レイヤー複製後に背景をマジック切り取り
色を直してからレイヤー合成


<元撮影データ>
Canon EOS 5D Mark III
EF24-105mm f/4L IS USM
シャッター速度1/800
絞り数値4.5
ISO感度200
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年03月23日 17:23  カテゴリ:カテゴリ:おいしいブログ(グルメ/料理など)

矢場とんで ひれとんかつ定食

洋蘭フェア2018 in 名古屋へ行ってきました
お昼は会場から歩いて3分の(信号時間待ちを除外)
矢場とん本店へ
注文したのは いつもの ひれとんかつ定食¥1,728 (税込)


洋蘭会場で短時間だけ撮ることができた子
モンキーオーキッド エクアドルやペルーの常緑樹林に自生
小さくて可愛らしい花
ネットで検索した本名は(ドラクラ ギガス Dracula gigas)であるような?

豊田の加藤洋ランも参加されていました・・・


日時 3月23日(金)~25日(日) 10:00-17:00 (最終日は16:00まで)
場所 久屋大通庭園フラリエ クリスタルガーデン(大温室)
入場 無料

  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2018年03月21日 17:43  カテゴリ:

洋蘭フェア in 名古屋

洋蘭フェア2018 in 名古屋へのお誘い
日時 3月23日(金)~25日(日) 10:00-17:00 (最終日は16:00まで)
場所 久屋大通庭園フラリエ クリスタルガーデン(大温室)
入場 無料

現在の空模様から一転 23日は晴れの予報です

モンキーオーキッド エクアドルやペルーの常緑樹林に自生


ウツボカズラ


会場へのアクセス
 地下鉄名城線「矢場町」 4番出口から南へ徒歩3分
 地下鉄鶴舞線「上前津」 1番出口から北へ徒歩5分
名古屋市中区大須四丁目4番1号
  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2018年03月19日 07:47  カテゴリ:

春爛漫⑧ アイスキング

水仙は雪の降るような早春にも咲くことから雪中花とも呼ばれます。
大輪でオシベが花弁化した八重咲。(雨が降ると前屈してしまうので支えてあり)

秋には分球した子を無償配布させていただく予定です


そしてラスベガス この子も大輪で気品ある花をつけます。

出勤時刻になりましたので・・・では
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年03月18日 20:03  カテゴリ:

春爛漫⑦ アネモネ

ギリシャ神話にも登場しているアネモネから付けられた風の花アネモネ(Anemone)
そこから花言葉は 君を愛している・恋の苦しみなど

 
寒さにも強い多年草
毎年この頃に花を咲かせてくれます

 
キンポウゲ科 イチリンソウ属(アネモネ属)
原産地はヨーロッパから地中海   


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年03月17日 20:08  カテゴリ:

春爛漫⑥

一雨ごとに暖かくなる・・・
月曜日からは雨週間の予報ですから、連続して暖かくなる?
そんなことはないですよね

でも十字架植物の花が沢山咲けば春そのものですから


鉢植えの葉ボタンを花の咲くまで
毎晩、室内へ取り込んでいましたから、少しだけ早く・・

十字架植物(Cruciferae)=アブラナ科(Brassicaceae)の植物で花弁数が4枚であることから付けられた名前
キャベツ・カリフラワー・大根・カブ・クレソン・小松菜・白菜 etc.  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年03月14日 08:34  カテゴリ:

春爛漫⑤

デンドロビウム・キンギアナム
一般的に見られるノビル系のデンドロビウム(セッコク属)とは違って
オーストラリア原産のデンドロビウムで強い光や寒さにも耐えられます。
園芸品種のギリストンゴールド・ナタリー


冬期は室内に取り入れるだけで加温する必要がありません
右側のツボミはイースター・パレード

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)