2018年07月13日 08:47  カテゴリ:お酒

七夕様

この子は少し前にも投稿した富貴蘭「黒龍」
一年に一度しか会えない華で凛とした佇まいが大好き
もちろん、どこからとなく漂う馥郁とした香りにも


黒龍「仁左衛門」
この子も年に一本しか入手できない特別なお酒
特別な華と特別なお酒は七夕様限定セットなのです・・・

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年07月05日 06:03  カテゴリ:お酒

黒龍

白く清楚なフウランなのに黒龍の名前が付けられています
フウランの中でも小型種で「白い花にわずかな赤色が・・・・」
(本来はもっと色づくのに大切に育てたために日照不足だったかも)
この子も浸み壺に付けて育ててみました

普通サイズ(とは言っても小型)は大きく育つので流木に沿わせてあります

フウランと洋蘭の交配種も育てており、花色を対比してみるとよくわかります




黒龍 この名前が大好きで、冷蔵庫の中にも2本
大汗 いや暑い季節にも 寒い季節にも冷酒で楽しみます
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年12月11日 16:51  カテゴリ:お酒カテゴリ:話題

「獺祭」蔵元が「高く買わないで」

「獺祭」蔵元から「高く買わないで」と、 異例の広告をしました

私はお酒を希望価格とほぼ同額でしか購入しないが
お店によっては2倍、3倍もの値段がつけられていることがあるから

つい最近のこと渋谷の某店でも蓬莱泉の「空」に上乗せ1000円のお値段が・・・
もちろん、今後はこのお店で購入することはないろうが

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年11月09日 08:08  カテゴリ:お酒カテゴリ:おいしいブログ(グルメ/料理など)

長崎美人

長崎県の福田酒造が醸す日本酒 長崎美人
スッキリ味で開封3日目には酸味が増して、やや濃くなってきた

お土産にいただいたお酒ですが
長崎の日本酒は初めてですが、嬉しいやら感心するやら

ラベルも見ての通り・・・みたい


そう言えば 静岡にも似たラベルの子が
この子は豊田市内でも販売されています

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年09月16日 14:15  カテゴリ:お酒

甕雫 かめしずく

甕(たしらか)は天皇の祭具で手を洗う水を入れるかめのことで
通常使われる瓶(訓読みはカメ) 土瓶(音読みでドビン)の方がわかりやすいかも?
でも売らんかなの興味付け名前とすれば納得がいく

宮崎県の京屋酒造から出されている芋焼酎「かめしずく」
800リットルのカメで作り、ビンではなくてカメで販売し
専用の竹ヒシャクで汲み出します
蓋があるものの こんな形ですから「早めにお飲み下さい」とは・・困った・・・
 

一升ビンで販売されているのもありますが、そちらがお値打ち
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年09月13日 17:47  カテゴリ:お酒

南部美人

東北の名門 (株)南部美人が醸す 南部美人
五代目蔵元の代表取締役である久慈浩介さんになってから、一段と名声に
10年ほど前は天竜峡近くの酒屋さんまで買い出しに出かけましたが
最近はいつもの酒販店で購入できるようになりましたので、ついでに求めました
昨晩、開封した上立ち香は果実のように華やか



未成年であった10年ほど前に購入した・・・云々は無しにします  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年08月29日 20:53  カテゴリ:お酒

古古酒

今夕は石川県の代表選手で手取川の名前を冠するお酒
3年以上、熟成され飲みやすい優しい味とほのかな吟醸香
前出の釂(しょう)エクセレンスとは比較できない住む世界が違うお酒



だれっ? アルコールなら何でも良い と宣う人は 一緒にしないでよ

  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2017年08月24日 11:46  カテゴリ:お酒

三十年古酒

所用で熊本へ出かけた際に仕入れてきたお酒
米焼酎ではあるがサントリーのウイスキィ「インペリアル(終売品)」に負けず劣らずで
日本酒党であるが、この子だけは別で「球磨川の申し子」
◎◎年前にお土産に頂き、大変美味しいとお気に入りの品


房の露株式会社から販売されている 三十年古酒ブレンド 釂(しょう)エクセレンス
2015年 全国酒類コンクール 米焼酎部門で特賞1位を獲得している


釂 ←通常使用されないため、文字化けするかもしれないので平仮名を補記しました
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2016年11月18日 16:43  カテゴリ:お酒

蓬莱泉 空

稲武まで出かけたのにお酒が無しでは帰れません
本日の1本は姿の純米吟醸無濾過生原酒ですが、それも並べて
今日の酒には鮭トバをあてることとしませう
 

 

  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2016年10月28日 19:19  カテゴリ:お酒

夏子の酒

今夕の一本は夏子の酒のモデル蔵元である久須美酒造の「亀の翁」
やや甘口で、冷やして呑むと美味しい(酒造米は亀の尾)




夏子の酒は、尾瀬あきら氏による漫画でテレビドラマ化されたこともある

尾瀬あきら氏の最新漫画は「どうらく息子」  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2016年10月26日 19:07  カテゴリ:お酒

純米大吟醸 磨35%

今夕のお酒は茂田井宿の大澤酒造が醸す 
明鏡止水 純米大吟醸 磨35% 無濾過原酒
やや辛口に振った大人の味
一番に合うのは日本料理ではなくて、チーズ「カマンペール」

茂田井宿は長野県北佐久郡望月町(もちづきまち)で古くから中山道の宿場町(望月宿の隣)であるが、幕府から認められた宿ではなく、間の宿と呼ばれ旅籠などは存在しなかった
市町村合併で現在は上田市に  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2016年10月24日 17:33  カテゴリ:お酒カテゴリ:おいしいブログ(グルメ/料理など)

今日の一本

大信州仕込み六十九号 純米大吟醸
平成27醸造年度


もちろんアテもご紹介します オイピィ    (*^_^*)


醸造年度とは、醸造・酒造業界における区切り方(年度)であり、毎年の7月1日から翌年の6月30日までをいう
よって平成27醸造年度とは平成28年6月30日までの製品を示す  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2016年10月05日 17:44  カテゴリ:お酒カテゴリ:同級生

七夕様

10月に?と、奇異に感じられるかも知れませんが、私の心の中にある七夕様です。
今日は特別に黒龍酒造の旗艦酒「石田屋」の開封です。



一年に一度しか入手出来ない石田屋だから、七夕様なのです。  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2016年08月28日 08:27  カテゴリ:お酒

香梅 純米大吟醸

昨晩のお酒は山形県の香坂酒造が醸す 山田錦 純米大吟醸原酒 香梅

蓬莱泉と比べると、ちょっぴり辛口ですが、
開封してから1週間過ぎ頃が呑み時

夏は茄子の煮浸しを冷たくしていただくと美味しい・・・


  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2016年08月04日 06:47  カテゴリ:お酒

滝自慢 純米大吟醸酒 匠35 パート2

オリンピックでは日本酒の話題がありませんが
私の心の中にはサミットが延々と(理由はテキトーに想像してね)

今季2度目 滝自慢 純米大吟醸酒 匠35
前回の味が忘れられずにお店に取り置きしてあったもの
 
フルーツのような味と吟醸香と
3度目以降もありありのお酒です。


実は3度目をすでに用意してありますので・・・


購入先 
酒のしお澤
飯田市鼎切石5088-3  
0265-22-0508  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2016年08月02日 07:57  カテゴリ:お酒

黒龍 純米大吟醸 火いら寿

暑い日にはギンギンに冷やした生酒を美味しく頂きましょう

黒龍(こくりゅう)純米大吟醸 火いら寿  名前の通り、火が入っていない生酒
日本酒党の間では評判がよく、私もお気に入りで毎年入手します
生酒と言うよりは綺麗な酸が感じられ火入れに近い飲み口



生酒とは醸造から販売されるまで加熱処理(火入れ)を行ってない日本酒のことを言います
本生(ほんなま)又は、生々(なまなま)とも呼ぶ
このため冷蔵保管が大原則で、呑むのも冷や・・・(*^_^*)
管理が良ければ年越しも出来ますが味が変わってしまうのでさけたい

これに対して貯蔵する前に一度火入れをしただけのお酒は生詰(生づめ)
生のまま貯蔵して出荷時に火入れをするのは生貯蔵酒

通常のお酒は貯蔵する前と出荷される時に二度の火入れをします  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2016年07月14日 20:12  カテゴリ:お酒

純米大吟醸 空

暑くても寒くても、美味しいお酒を頂きましょう

今日の一本はおなじみ蓬莱泉の大吟醸「そら」

入荷していますが、お持ち帰りされますか?

冷蔵庫が一杯なので2本だけ・・・(^0^;)





そらは 3月・7月・11月に出荷されますが 3・7月は4合瓶のみ

お値段の方は それなりに  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2016年07月11日 19:55  カテゴリ:お酒

獺祭 等外23

こんなに暑い日には冷たくした、美味しいお酒を頂きましょう
今日の一本は岩国市の旭酒造が醸す大吟醸「等外23」
やや淡麗辛口でオイピィことしきり

なぜ大吟醸酒が等外なのか
それは原料である酒造好適米の山田錦が等外品であるから だけのこと

ネットで購入すると 720ml 1本 税込価格 2880円~8562円
私が購入したのは2484円 なぜにこんなにも値段が・・・
 


購入先 豊田市上郷町郷立2-15  TEL 0565-21-0457
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2016年05月31日 19:49  カテゴリ:お酒

フモトヰ 純米大吟醸 斗瓶囲い

サミットが終わっても、美味しいお酒を飲み続けましょう
今日の一本は「フモトヰ 斗瓶囲い」
山形県の麓井酒造が醸す純米大吟醸酒


使用米:兵庫山田錦 精米歩合:40% 720ml:¥5,400 (税込)
美味しいお酒はやはり美味しい・・・(*^_^*)

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2016年05月30日 16:57  カテゴリ:お酒

滝自慢 純米大吟醸酒 匠35

サミットが終わっても、美味しいお酒を飲み続けましょう
今日の一本は「滝自慢 匠35」
三重県の滝自慢酒造が醸す純米大吟醸酒

使用米:三重山田錦 精米歩合:35% 720ml:¥5,400 (税込)
先週買い求めたのですが、これが大当たりでとても美味しい・・・(*^_^*)


購入したお店に電話で在庫を確認したところ4本有りとのこと
全部では叱られてしまいそうなので3本を確保




サミットではこの弟酒の辛口純米 滝水流(はやせ)が食中酒として提供されました
1800ml 2,517円 (税込)

 
滝自慢の名前は赤目四十八滝の地元であることから
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2016年05月28日 11:27  カテゴリ:お酒

純米吟醸 作 雅の智

サミットも終わったことだから、美味しいお酒を頂きましょう
今日の一本は「作(ざく) 雅の智」
三重県の清水清三郎商店が醸す純米吟醸酒


サミットではこの兄酒の純米大吟醸酒滴取りが提供されました

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2016年05月26日 20:00  カテゴリ:お酒

墨廼江酒造 大吟醸 やまさ

サミットも始まったことだから、美味しいお酒を頂きましょう
今日の一本はヤマサの竹輪
ではなくて墨廼江酒造が醸す大吟醸「やまさ」


通常のしぼりではなくて吊し取りである「しずく」


4合瓶ですから注意が必要で 長くは保存できません・・・んっ?

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2016年05月12日 13:48  カテゴリ:お酒

サミットが楽しみです!

洞爺湖サミットの首脳夫人晩餐会乾杯酒に選ばれた大七酒造「妙花闌曲Grand Cuvee」
それが2010年に第二作として復活した時に入手し、2013年仕込みであるバージョン 3.0も入手しました。
一夜だけでもサミット参加気分が味わえそうなお酒
 
三重県は酒蔵も多いので、どちらが選ばれるのか
最近はそれを予測して清水清三郎商店が醸す 作(ざく) 雅乃智 を好んで呑んでいます
その特別バージョン 筰(ざく)クラウン あたりが候補・・・?

画像は 妙花闌曲Grand Cuvee


  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2016年01月09日 19:16  カテゴリ:お酒

柴田酒造 生酛純米原酒 众

なぜか人間は奇をてらう
次の文字は众 (ぎん)と読み、衆の略字体ですが、普通は使われない
それでもお酒の銘柄となれば妙に感心したりして?
蓬莱泉で美や空、そして吟があるが
思わず共通点らしきものを・・・
 


众=人冠の下に人を二つ=沢山集まるの意
 
そのお酒はこちら
~生酛(きもと)純米原酒「众ぎん」への想い~  


通常は使用されない文字なのでPCによっては文字化けするかも
そのときは ゴメンね!  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2016年01月05日 12:38  カテゴリ:お酒

タヌキ親爺

上陸中していた豆台風も過ぎて
お正月休みもそろそろ終わりのようだ
燃やすゴミもプラゴミも捨てて、これが残った
なんだこの瓶の団体さんは

 
そうだ、このタヌキが呑んだ空き瓶
それにしても好きだねぇ

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)