ブーログ › 和ちゃん日記Ⅲ › 

酒について語ろうじゃないか

2017年11月11日 12:42  カテゴリ:酒について語ろうじゃないか

新酒の季節

新酒の季節ですね(気の早い子は7月頃から出回りますが)
毎年のことながら1.8L×4本と0.72L×2本が自動的?に入手できます。
一人で飲むのもサミチーから、どなたか・・・(^0^;)



「酒蘊蓄」
お酒には酒税法で酒造年度(Brewery Year略してBY)が決まっており
毎年7月1日~翌年6月30日

酒造年度は旧酒造税法で毎年10月1日から翌年9月30日となっていましたが
酒税収入の基本となる酒類の製造数量を把握するためで、
日本酒の多くは、新米の穫れる10月頃から始まるため、税務検査を容易とする目的
 
その後に早場米などからの実態に合わせて前になりました
 
他に入手済、黒龍しずく 暫くして石田屋仁左衛門も・・・  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年09月05日 20:13  カテゴリ:酒について語ろうじゃないか

大七 純米大吟醸 頌歌

お気に入りの1本 
東北の名門 大七酒造が醸す 生酛造 純米大吟醸 頌歌
この子は数本/年を求めるほどのお気に入り
なめらかな飲み心地は料理との相性抜群
ちなみに今夜のアテはキュウリの浅漬け・・・(*^_^*)
 

 

福島県二本松 大七酒造 頌歌
5,400円(税込)720ml  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年06月28日 08:10  カテゴリ:酒について語ろうじゃないか

忖度 利き酒セット 

酒の味を見分けるのは利き酒 なぜ利くのだろう・・・?
ネットで調べた例では 
鼻が利く・割引きが利く・応用が利く・保存が利く・無理が利く・タメ口を利く・口を利く などの使用例が見つかった
最後の口を利くが昨今の最大話題であろうが、今年の漢字として文字で表せば「忖度」


 
画像はセットではないが、最近仕入れた銘柄で
左から黒龍大吟醸・同・大七大吟醸・大信州大吟醸
他には魔王・元老院・天使の誘惑・悪魔の抱擁etc.
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年03月25日 08:23  カテゴリ:酒について語ろうじゃないか

悪魔の抱擁

右から①黒龍「しずく」 ②蓬莱泉「そら」 ③さつま無双「悪魔の抱擁」
アルコール嗜好品なので値段はデタラメ

①一見さんには売っていただけないし
  ネットでは2万円~3万円で取引されている
  福井の名門「黒龍酒造」は宮内庁御用達でも知られている

②常備薬ならぬ、我が家の常備酒
  GW頃には存在がほとんど知られていない「空の生酒」が出荷されるが
  そのラベルには純米大吟醸としか・・・

③これも1000本/年の限定出荷なので2倍以上の値段で取引される
  そして、その名前が悪魔の抱擁とは???


  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2016年11月02日 16:52  カテゴリ:酒について語ろうじゃないか

美酒

今夕、特に選んだ黒龍酒造の大吟醸酒「しずく」
これがとても美味しいお酒



年に何度も出会えることがないから・・・特別なのです  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2016年08月07日 19:15  カテゴリ:酒について語ろうじゃないか

黒龍 大吟醸  しずく

黒龍 大吟醸 しずく
宮内庁御用達のお酒ですから一見さんには入手が難しいお酒です
ただしネットでは購入できますがプレミアム値段
 
黒龍の中では一番に好きなお酒 ※
いつものお店に立ち寄ったところ、在庫があるけどどうされます?
ふんっ 聴くだけ野暮なことだわサ



※ 冷蔵庫には石田屋があり、仁左衛門は知り合い宅へ移動
故宇野重吉さんが間際に「もう一度黒龍が呑みたかった・・」は有名な話  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2016年07月24日 20:28  カテゴリ:酒について語ろうじゃないか

純米大吟醸 仕込二十七号

大信州 27BY 仕込二十七号純米大吟醸
和食に良く合うお酒です



<解説>
27BY とは平成27酒造年度醸造のことで
平成27年7月1日~平成28年6月30日に醸造された日本酒を示します
平たく言えば日本酒の年度は7月~翌年6月まで  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)