ブーログ › 和ちゃん日記Ⅲ ›  › 

スズラン

2018年04月16日 06:20  カテゴリ:

スズラン

タップリと雨をうけて 鉢植えの縞斑入り「ドイツスズラン」が
この他にもピンク、八重、大輪、多花咲きなどが作出されています
花屋さんで見かける子は大半がドイツスズラン


次は日本鈴蘭 やや暑さに弱いので暖地での栽培にはやや難があります
北海道産が有名ですが、この子は長野のお店で求めた花(君影草)
このため、夏は木陰となる庭植えで育てています


日本鈴蘭の代名詞でもある君影草の由来は
花茎の高さが低く、花が葉の陰に隠れてひっそりと咲かせる様子を、君の影に寄り添う古き日本女性に例えたものと言われています。
ドイツスズランはこれより花茎が高いのですが、並べて比較しないと判らない程度・・・(^0^;)


同じカテゴリー()の記事画像
今朝の散歩道④
朝の散歩道②続き
朝の散歩道②
朝の散歩道①
狸囃子
静物
同じカテゴリー()の記事
 今朝の散歩道④ (2018-04-24 06:30)
 朝の散歩道②続き (2018-04-22 12:21)
 朝の散歩道② (2018-04-22 05:14)
 朝の散歩道① (2018-04-21 09:19)
 狸囃子 (2018-04-11 06:39)
 静物 (2018-04-07 17:36)

Posted by 和ちゃん │コメント(0)
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。