ブーログ › 和ちゃん日記Ⅲ ›  › 話題 › 

トンボの湿地

2018年06月14日 20:34  カテゴリ:カテゴリ:話題

トンボの湿地

歩くにまかせて「自然観察の森」のトンボの湿地で植物探訪

湿地の中ではひときわ目立つ花 スイレン科の植物「コウホネ」
増えすぎるのか株ごと掘りあげられていた(北隣接する池に生えていたのかも?)


花は目立たないか、名前だけは端午の節句で有名な菖蒲(これが本物)


ここも猪や鹿の食害があるらしく電気柵による防護が設置されていた
容量は少ないが電圧だけは高いから、散策時には要注意設備


野花菖蒲(花菖蒲の原種)のようにも見えるが、遠くからでは確定できず
本来の自生地ではなく、どこからか移植されたのかな?


立浪草の仲間?も見られるが、これも上と同じように?


北部にあるトンボの湿地 案内看板


探訪感想
以前と比べて、葦や葦と呼ばれるような繁殖力の強い植物が幅を利かせているような
結果、私の期待するような植物はじり貧で少々ガッカリ
メダカも外来種が見られるとの記述が
 
それでも期待して、来年再びお目にかかりましょう


同じカテゴリー()の記事画像
リンコスティリス
ミニ オンシジウム
寒い季節 カトレア 咲きました
シラン が 咲きました
カトレア
白花ホトトギス ④
同じカテゴリー()の記事
 リンコスティリス (2018-12-26 17:18)
 ミニ オンシジウム (2018-12-16 08:36)
 寒い季節 カトレア 咲きました (2018-12-03 17:08)
 シラン が 咲きました (2018-11-04 06:10)
 カトレア (2018-10-22 07:53)
 白花ホトトギス ④ (2018-10-13 06:17)

Posted by 和ちゃん │コメント(0)
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。