ブーログ › 和ちゃん日記Ⅲ ›  › 蘊蓄 › 

夏水仙

2017年06月17日 08:34  カテゴリ:カテゴリ:蘊蓄

夏水仙

<名前の由来>
夏水仙は同じヒガンバナ科の植物ではあるけれどヒガンバナ属の仲間で普通に見るスイセン属の仲間ではありません
葉がスイセンに似ていて、花が夏に咲くことから付けられた名前
暑い季節に花茎が伸び出して咲くことから裸百合の別名もある
ヒガンバナ属は学名: リコリス(Lycoris)から通称でもリコリスと呼ぶことが多い

<毒と薬>
ヒガンバナ科の植物にはリコリン(毒)が、全草に含まれることが多く、特に鱗茎(球根)に毒成分が多い。
球根をネギの仲間と間違えて食べての死亡例もあります。
同様にユリ科のイヌサフランを行者ニンニクと間違えて食べての死亡例も。
漢方で甘味生薬として用いられるマメ科の甘草を通称でリコリスと言いますからヒガンバナのリコリスと混同すると大変なことになります。



<普通のスイセンの育て方>
●球根は夏の暑さに強くありませんので、植え付けまでは日の当たらない風通しの良い場所におきます。(湿り気が多すぎると腐る場合もある)
●球根の植え付けは9月後半から10月初旬
●深さは球根2個程度の土をかぶせる
 (鉢植えの場合は頭が見えない程度の淺植え)
●陽の当たる場所(日陰では花が付かない)
●植え付けてから、葉は見えませんがあまり乾くようなら少しだけ水をあげて下さい
●花の咲くのは毎年2~4月
●普通の花壇であれば肥料は必要ありません
●葉は枯れるまで残しておく


同じカテゴリー()の記事画像
コスモス
お彼岸
栂池自然園で出会った花達②
栂池自然園で出会った花①
可愛い花
七夕様
同じカテゴリー()の記事
 コスモス (2018-09-13 08:02)
 お彼岸 (2018-09-09 07:51)
 栂池自然園で出会った花達② (2018-07-28 15:13)
 栂池自然園で出会った花① (2018-07-27 06:21)
 可愛い花 (2018-07-14 05:14)
 七夕様 (2018-07-13 08:47)

Posted by 和ちゃん │コメント(0)
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。