ブーログ › 和ちゃん日記Ⅲ ›  › 蘊蓄 › 

スプリット・コロナ水仙

2017年03月20日 19:25  カテゴリ:カテゴリ:蘊蓄

スプリット・コロナ水仙

この子の園芸品種名は「カムラウデ」



副花冠が裂けている様子見立てて「バタフライ水仙(A)」、「スプリットコロナ水仙(B)」と呼ばれます。
横からの画像では副花冠(ラッパ部分)の蝶々咲きの様子が見てとれます



水仙は早春に咲く彼岸花科水仙属の植物で単に水仙と言えば日本水仙を示します
大きさや、外側の花被片と前に突き出た副花冠を対比して名前分類がされている。

花の大きな子は大杯(タイハイ)水仙 又はピンク水仙
逆に小さな子は小杯(ショウハイ)水仙
副花冠がラッパ状に長く突き出たラッパ水仙
八重咲きスイセン

また全身に有毒成分を含むことが知られている(C)

<蘊蓄>
(A)バタフライとは、蝶々のような意味合い
(B)コロナ (Corona) とは、太陽・月の周りに見える光環(または光冠)
(C)葉や根に「リコリン」や「タゼチン」等のアルカロイド系の毒が含まれており、間違って食べると強い中毒症状が現れます。
このため、過去には体力の弱い老人・子供の死亡例もある。
しかし、畑に植えておくことでモグラなどの害獣虫忌避作用が利用可能。
<超蛇足>
コロナとは光冠で、冠の仲間である意味、同様にカローラは花冠で、お花で編んだ冠、当たり前のようにクラウンは王冠。
カムリは冠からの造語
このパターンから外れだしたのはパブリカ(パブリックカー)から
<寝言>
そう言えば形式UP20-KS ツインキャブ仕様のパブリカも
そのエンジンはヨタハチ(トヨタスポーツ800)と同じであったとか無かったとか


<その他>
増殖は容易で、投稿は株分けで育てている子で親株は別にあります
秋の植え替え時期には余った球根は廃棄する予定・・・



同じカテゴリー()の記事画像
コスモス
お彼岸
栂池自然園で出会った花達②
栂池自然園で出会った花①
可愛い花
七夕様
同じカテゴリー()の記事
 コスモス (2018-09-13 08:02)
 お彼岸 (2018-09-09 07:51)
 栂池自然園で出会った花達② (2018-07-28 15:13)
 栂池自然園で出会った花① (2018-07-27 06:21)
 可愛い花 (2018-07-14 05:14)
 七夕様 (2018-07-13 08:47)

Posted by 和ちゃん │コメント(0)
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。