ブーログ › 和ちゃん日記Ⅲ

2017年04月30日 06:04  カテゴリ:

春爛漫

日本桜草はそろそろ花期の終盤に向かいます。
花の咲き終わったのを1つ1つ取り除き、種が生長しないように、咲上がる子に栄養を
全部咲き終わると新芽が育つように芽土を入れます
ゴールデンウイーク終了後にはその作業が待ってます

日々、これが楽しみ・・・


  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年04月29日 14:02  カテゴリ:

とよたガーデニングフェスタ

お天気もよくてお出かけ日和
近いところでトヨスタまで、開催中の「とよたガーデニングフェスタ」
見物に出かけようか・・・と
悲しい性で花を見るとついつい手が伸びてしまう
本日入手したのはフウランの園芸品種「黒真珠」




フウランの花期は夏のため、画像は拙宅の従来種で、黒真珠ではありません  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年04月27日 15:33  カテゴリ:おいしいブログ(グルメ/料理など)

とれとれPARK

南紀白浜にある「とれとれPARK」にある「とれとれ横町」
そこでは「海鮮ちらし」を・・・

味とか値段とかを論じている場合ではない
何せ豊田からは大変とお~い
走って奈良、そこからさらに走って和歌山
帰路は和歌山-三重ルートだったけど、これも大変なが~い
二十歳の私にとってもキツーイ
 
それにカーナビの地図データが間に合っていないので開通している高速道路がアチコチで案内されない
奈良-和歌山をつなぐ 京奈和自動車道で (他にも2件)
なぜだっ?



なぜって 搭載しているG-BOOKによれば
(地図更新データの収集/整備状況により、配信までに3ヶ月ほどかかる場合もあります)ってサ
道路の状態で判断すると実際は3ケ月以上過ぎているような箇所も・・・

プリウスαの燃費はトータルで 25.1km/L で
途中の食事・高速料金・宿泊料金のいずれよりも安かった
  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2017年04月18日 05:54  カテゴリ:

日本桜草

日本桜草園芸種「吹上桜」
 
日本桜草の学名はPrimula sieboldii
日本のサクラソウ類の代表選手でサクラソウ科サクラソウ属に分類され、江戸時代からも延々と続く古典園芸種でもある



お店で一番に多く見かけるのは「プリムラ・マラコイデス」で西洋桜草と呼ばれますが、実は中国原産



この子も中国原産の「プリムラ・シネンシス」

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年04月16日 13:27  カテゴリ:カテゴリ:蘊蓄

クリスマス・ローズ

クリスマス・ローズ 早春からGW頃まで咲いてくれる花
キンポウゲ科の多年草(宿根草)であり、バラ科ではない

 
夏は半日陰で冬期は太陽光の当たる場所で育てます
落葉樹の下では1株で何輪咲いたのか数えなければわからないほどに

 
現在、庭植えの他、種から育てた小型種を数鉢栽培しています
  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2017年04月15日 16:30  カテゴリ:蘊蓄

e燃費アワード

ハイブリッド車燃費ランキングで堂々の一位に輝いたのはホンダのグレイス1500で
カタログ燃費(JC08燃費) 34.4km/Lに対しての実燃費は23.3 km/Lですから、カタログ比で--- 67.7%です
http://www.iid.co.jp/news/press/2016/030201.html

画像は昨日撮影したプリウスαの燃費ですが走行距離172.2 kmで26.9 km/L 
カタログ燃費(JC08燃費) 26.2km/Lに対して---102.7%でした

これまで3年間使用した平均値は23.2km/Lですから、カタログ比較---88.5%
今年早々に車検だったのですが、ブレーキパッドの減り具合は驚異的に少なかったそうです

 
昨年末に買い換えた軽自動車ハスラーの燃費は
これまでの平均値で27.80km/Lに対して15.0km/L---54%
60%を超えればランキングに載りますから
そんなに悪くない値かな・

  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2017年04月11日 20:50  カテゴリ:

桜草

昨日から開花している子を雨の中でも撮りました
思い上がりであるかも知れませんが、桜草と言えば"日本桜草"のことと考えています。
桜草の仲間には各種ありますが花屋さんではプリムラと呼ばれる外来種がほとんどです。

次は日本桜草の園芸種 鉢植え画像です


同種の庭植えの様子


桜草 学名:Primula sieboldii
日本のサクラソウ類の代表選手でサクラソウ科サクラソウ属に分類され、江戸時代からも延々と続く古典園芸種でもある
日本のサクラソウ科にはクリンソウや白山コザクラ、カッコソウなどがある

お店で一番に多く見かけるのは「プリムラ・マラコイデス」で西洋桜草と呼ばれますが、実は中国原産  


Posted by 和ちゃん │コメント(4)

2017年04月09日 17:51  カテゴリ:パソコン

再インストール

10日ほど ご無沙汰をしておりました m(_ _)m
その理由は5日の早朝のことに愛用PCがフリーズしたまま止まっており
原因は Windows update がAM3:00に開始された結果、再起動ができなかったため

<関連サイト>
https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_7-update/windows7-windows-update/944ac54f-4252-486d-afae-23bd17080341

以前にも同様な状態が2度ほど発生したため、修復してupdateを停止しておいたのですが、なぜか実行されてしまった。
今回は修復できずに断念、再インストールとなってしまいました
Officeや画像などのデータは外付けHDDに保管してあったので、問題なく利用できますが、メールソフト・画像閲覧ソフト・CD印刷ソフトに関係するものはすべて消失・・・(;。;)
 


メールソフト(Microsoft Outlook)は手持ちがないのでWindows liveメール と gmailに代行させるように設定
画像閲覧ソフト(cannon Imagebrowser EX)も手持ちがなく、メーカーが取り扱わなくなったので??
CD印刷ソフト(cannon CDらくちんプリント)も手持ちがなく、メーカーが取り扱わなくなったので??
 
他にも問題あるかも知れないけど、とりあえず投稿を再開いたしますので、せいぜいご贔屓のほど、よろしくお願いします。  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2017年03月31日 05:55  

カサタ

この子の園芸品種名は「カサタ」



副花冠が裂けている様子見立てて「バタフライ水仙(A)」、「スプリットコロナ水仙(B)」と呼ばれます。
横からの画像では副花冠(ラッパ部分)の蝶々咲きの様子が見てとれます



数年育てているのですが この子だけは 増えてくれません・・・(;。;)  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年03月30日 08:08  カテゴリ:

スノーフリルス

水仙「スノーフリルス」が満開を迎えています
副花冠が白くフリル咲きになっているから付けられた名前



ラッパ水仙の特徴は横から見て 長いラッパ状


この子も秋に株分けする予定
  


Posted by 和ちゃん │コメント(3)

2017年03月29日 08:11  カテゴリ:

ガーデンジャイアント

大杯水仙 ガーデンジャイアント
今年も元気に咲いてくれました


大型の水仙 園芸品種名「ガーデンジャイアント」
球根植え時9月~12月  花期 3月~5月
今年2月に、貰っていただいたのは一株だけでしたが
秋の球根時期にご希望の方に5株ほど無償配布する予定 --受付中--

お店ではラッパ水仙の名前で売られていることもありますが正確には大杯水仙で
ラッパ水仙とは内側の副花冠が外側の花被片より長い種類を言います
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年03月28日 20:35  カテゴリ:

フラグミペディウム

フラグミペディウム・ベッセアエ 
ラン科フラグミペディウム属 (Phragmipedium)

中南米に自生するランで
温度と湿度さへ保つことができれば、育てるのは比較的容易
嬉しいことに花は一輪が2週間程度咲き
段咲きで順に咲いてくれるから、優に1ケ月以上も



強い日光を嫌うので、夏は寒冷紗などで
逆に冬は室内の窓辺の明かりで充分
温度はガラスケース内で10℃以上保てればGood
根が弱いので多肥にせず、ごく薄い液肥で


育て方は必要においてネット検索したり、書物をよんだだけで
最初はNHKテレビテキスト「趣味の園芸」を教科書にして隅から隅まで
それを二十歳になるまで20年間以上も続けたものですから
特段の資格とかがあるわけでもなく







計算が合わないことは重々承知・・・・

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年03月26日 17:27  カテゴリ:カテゴリ:蘊蓄

大きな椿

大きな椿が咲いてくれました
以前に豊田スタジアムで開催されたガーデニングショーの折に、無償配布されていたのを頂いた子です。



椿は挿し木による増殖が容易で6月頃に行えば大半が活着しますから、苗木の大きさから無償配布に2年がかりで用意されたと推定されます。(注)


<椿の蘊蓄>
ツバキ  学名: Camellia japonica
ツバキ科の常緑樹で園芸品種は1000種類以上もある。
豊田の椿の育成家「前田ナーセリー」では生産・品種開発・販売をされている
https://www.maedanursery.com/




注1 挿し木は母木とほぼ同じ形質を受け継ぐ。
  (植物学上、葉に白く斑が入った種類は斑の抜ける場合がある。
    また、種から育てると交雑の心配もある)
注2 一度に多数の苗が得られる。
注3 種から育てるのに比べて生育、開花が早い。
  


Posted by 和ちゃん │コメント(4)

2017年03月25日 08:34  カテゴリ:どうぶつ日記カテゴリ:おいしいブログ(グルメ/料理など)

信州蕎麦

ミックが どうしても車に乗りたいと駄々をこねるので出かけることに
そして降り立った地での満足そうな お顔


広い牧草地で走ることが大好き 駒ヶ根「グリーンファーム」横で


でもホントの目的は信州蕎麦が食べたくなったので急遽出かけた次第
今回はザルでなくて 鴨汁


昨年暮れにも日帰りで出かけた、美味しいお店
雪道は絶対に走らないと決めているので この間 長かったこと
聞けば2日前にもミゾレが降ったとか

おもてなしの心がさわやまのおみせ
そば切り「てる坊」
長野県駒ヶ根市赤穂16701-2
0265-83-6806  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年03月25日 08:23  カテゴリ:酒について語ろうじゃないか カテゴリ:蘊蓄

悪魔の抱擁

右から①黒龍「しずく」 ②蓬莱泉「そら」 ③さつま無双「悪魔の抱擁」
アルコール嗜好品なので値段はデタラメ

①一見さんには売っていただけないし
  ネットでは2万円~3万円で取引されている
  福井の名門「黒龍酒造」は宮内庁御用達でも知られている

②常備薬ならぬ、我が家の常備酒
  GW頃には存在がほとんど知られていない「空の生酒」が出荷されるが
  そのラベルには純米大吟醸としか・・・

③これも1000本/年の限定出荷なので2倍以上の値段で取引される
  そして、その名前が悪魔の抱擁とは???


  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年03月21日 19:08  カテゴリ:おいしいブログ(グルメ/料理など)

ランチ

本日のランチはザ・ランチと呼ぶべきか?

予約席でしたから、到着時には並べられていました


白いご飯が出てくるものと思っていたのに見事に裏切られてもずくでした


今度こそはと思いきや お刺身が


さらに天麩羅が


これで 最後ですからと並べられた 照り焼きと 卵焼き
さらに ご飯の上には鰻が・・・


勘弁して欲しい
デザートが無くてよかった
もちろんコーヒーもいらない
結局薬局放送局から 照り焼きと 卵焼きは残してしまった
 
お味は合格

BUT これ以上は Fちゃんに 助け船を・・・(^0^;)


魚文 uobun うおぶん  愛知県みよし市園原5丁目−22   


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年03月21日 09:34  カテゴリ:カテゴリ:蘊蓄

日本水仙

拙宅には日本水仙も沢山ありますが結実しないのでその理由を調べて見ましたが、染色体数が3倍体なので種子ができないそうです。
もっとも、結実しないまでも球根が倍々ゲームのように増えますから・・・(*^_^*)


記事内容は次のページからの受け売りで染色体数のお話しは全くの門外漢ですから、検証すらできませんのでm(_ _)m
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1011006095 
 
スイセンは多くの種類が『自家不稔性』で、結実の為には『他家受粉』する必要があるそうです
スイセンの交配育種は比較的簡単にできるそうですが、交配に用いる親の染色体数などを把握していないと、せっかく交配しても、『不稔』になってしまう可能性があるので、それなりの知識が必要だと思います。
スイセンには、様々な染色体数がある事が知られています。染色体数は、x=7、10、11、13、15、25だそうで、x=7、10、11が倍数体を作る基本数だそうです。
(※染色体数7の2倍体なら2n=14、ニホンズイセンは、2n=30の3倍体・・・6倍体とする説もあります)。
スイセンは播種から開花までに、最短でも3年かかるそうです。
採種は実(痩果)が黄色くなり始めた時か、萎れた花が落ちた時に行い、播種は採種した直後か、遅くても秋の始めまでに行うそうです。
スイセンの種類で二次的に野生化した群落が見られる『ニホンズイセン』は、3倍体なので種子ができないそうです。
※3倍体=種無しスイカで有名ですが、受粉のプロセス(減数分裂)が正常に行われない為、種子ができ難い植物です。
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年03月21日 09:01  カテゴリ:カテゴリ:蘊蓄

カランコエ

昨年のGW頃に挿し芽をして育てた子が1年で立派に育ち、あるお店の中に飾ってもらえるようになりました。

サムネ画像ですからクリックで拡大します

カランコエは挿し芽の発根率が良く、20株ほど育て全てが活着しました。


また、挿し芽ですから親の性質を100%受け継いでおり、挿し芽の時から完成時の花色と樹形が想像できていました。



<蘊蓄>
ベンケイソウ科カランコエ属(Crassulacaea科Kalanchoe属)ですから、おきまりのようにCAM植物です。
※CAMはCrassulacean Acid Metabolism (ベンケイソウ型有機酸代謝)の略語
葉肉の厚い植物に多く(全ではない)、サボテン・金のなる木(1)・アロエ(2)などがあります。
この特殊な光合成は昼間に気孔を開く必要がありませんから、暑い夏にも乾燥に耐えらます。

(1)ベンケイソウ科で和名は花月(カゲツ) ・縁紅弁慶(フチベニベンケイ)
(2)アロエ属 (Xanthorrhoeaceae科Aloe属)





トップの子はお持ち帰り希望の方に  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年03月20日 19:48  カテゴリ:

ラッパ水仙

比較的早咲きの水仙、園芸品種名は「ラスベガス」 Las Vegas

クリーム色弁に黄カップの二色咲き大輪種

ラッパ咲きスイセンは副花冠が花弁より長く突出するのが特徴


  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年03月20日 19:25  カテゴリ:カテゴリ:蘊蓄

スプリット・コロナ水仙

この子の園芸品種名は「カムラウデ」



副花冠が裂けている様子見立てて「バタフライ水仙(A)」、「スプリットコロナ水仙(B)」と呼ばれます。
横からの画像では副花冠(ラッパ部分)の蝶々咲きの様子が見てとれます



水仙は早春に咲く彼岸花科水仙属の植物で単に水仙と言えば日本水仙を示します
大きさや、外側の花被片と前に突き出た副花冠を対比して名前分類がされている。

花の大きな子は大杯(タイハイ)水仙 又はピンク水仙
逆に小さな子は小杯(ショウハイ)水仙
副花冠がラッパ状に長く突き出たラッパ水仙
八重咲きスイセン

また全身に有毒成分を含むことが知られている(C)

<蘊蓄>
(A)バタフライとは、蝶々のような意味合い
(B)コロナ (Corona) とは、太陽・月の周りに見える光環(または光冠)
(C)葉や根に「リコリン」や「タゼチン」等のアルカロイド系の毒が含まれており、間違って食べると強い中毒症状が現れます。
このため、過去には体力の弱い老人・子供の死亡例もある。
しかし、畑に植えておくことでモグラなどの害獣虫忌避作用が利用可能。
<超蛇足>
コロナとは光冠で、冠の仲間である意味、同様にカローラは花冠で、お花で編んだ冠、当たり前のようにクラウンは王冠。
カムリは冠からの造語
このパターンから外れだしたのはパブリカ(パブリックカー)から
<寝言>
そう言えば形式UP20-KS ツインキャブ仕様のパブリカも
そのエンジンはヨタハチ(トヨタスポーツ800)と同じであったとか無かったとか


<その他>
増殖は容易で、投稿は株分けで育てている子で親株は別にあります
秋の植え替え時期には余った球根は廃棄する予定・・・

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年03月19日 20:42  カテゴリ:おいしいブログ(グルメ/料理など)

名古屋コーチン

時間が無かったので手っ取り早く済まそうと飛び込んだお店
注文したのは名古屋コーチンの親子丼
展示画像ではとても美味しそうに見えたから
 

新東名岡崎SAフードコートでの出来事
私の評価はちょい厳しくて 親子丼でこの味では高すぎるような?
新しく出来たお店では元手を回収しなければ・・・  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2017年03月18日 20:19  カテゴリ:カテゴリ:蘊蓄

河津桜



河津桜は静岡の河津町や岡崎の乙川沿いが有名なのですが


じつは豊田にも隠れた名所「高橋コミュニティ西側の加茂川沿いがあります。
今日の夕刻に通りがかって思わずシャッターを


<桜の蘊蓄>
①河津桜は大島桜と早咲きの寒緋桜(後画像)との交雑と言われています。

②桜の園芸品種の増殖は継ぎ木が主体で、理由は種が出来なかったり、挿し木での発芽率が悪く(注1)、種では他種との交雑で親株とは同じ花が咲かないことがある(注2)

③バラ科サクラ属ですが、聞けば「バラの仲間?」と返ってくること請け合いです。


注1 桜は挿し木の難しい植物ですが、中でも大島桜や啓翁桜は挿し木でも可能です。
 また、接ぎ木や挿し木は親株の性質を受け継ぐから種から育てるより安心です

注2  染井吉野は元々交雑種で自家不和合性ですから種が出来なく、出来た種は必ず他の樹との交雑ですから親株と同じ保証がない
また、染井吉野は挿し木か接ぎ木で増やした品種ですから、ルーツをたどれば1本の突然変異した樹にたどり着くとも言われています。

蛇足:猿投で生まれた果実の表皮が緑色の梨「幸菊」も突然の枝変わりから生まれた種類を接ぎ木で増やしたとか??
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年03月18日 08:56  カテゴリ:

アセビ

アセビは早秋に咲くツツジ科の仲間で日本原産
学名もそれを示す Pieris japonica
漢字表記の馬酔木は全身有毒で、馬が食べると神経が麻痺して酔ったようになるところから付けられました
この葉を米びつの中に入れておくと虫が入らないので、ご近所さんが持ち帰ったこともあります


タデ食う虫ではないのですが、この有毒成分を物とせずに元気に食い荒らすツツジ軍配虫もいることから世の中様々


<蘊蓄>
単にアセビと言えば日本原産種を示しますが、その仲間は世界に10種以上あります

有毒の成分はアセボトキシンで下痢、腸からの大量出血など中毒症状を起こします

ツツジ軍配虫はカメムシの一種で5㎜程度以下の小さな昆虫でツツジ科植物の葉裏に寄生します

軍配虫にはツツジ、サツキ、シャクナゲなどのツツジ科に寄生するツツジグンバイの他に果樹に寄生するナシグンバイ
そしてキク科に寄生するアワダチソウグンバイ、キクグンバイ等・・・
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年03月17日 20:51  カテゴリ:おいしいブログ(グルメ/料理など)

カニ食べ放題

浜名湖畔のお宿
以前にホテル寸座ビラを利用したことがあるのですがいつのまにか消滅

今回はリステルの「カニ食べ放題」の記事に釣り上げられて出かけました

でも、風邪が痛いといけないのでカニは食べずに日本酒の時間
(もちろん日本酒は別料金)
2名¥15,000でおつりがありました


 
http://www.listel-hamanako.jp/stay/ 
期間 2017/02/10 ~ 2017/06/30
宿泊料金¥6,980~  2食付
朝夕ともバイキングの食べホーダイ
 
でも、日々のカロリー計算を忠実に・・・


  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年03月15日 21:30  カテゴリ:おいしいブログ(グルメ/料理など)

花咲乃庄

鰻を食べたい蕎麦も食べたい
その欲望を一度に満たしてくれるお店
それが静岡磐田市の花咲乃庄
鰻は関東風の薄味
蕎麦はきれいに打ってあり申し分なし

 

お店の入り口でどちらが美味しい?と地元の方に尋ねると
複数名で蕎麦
お店に立ち寄る理由は浜松近くで鰻は対象外だとか
 
自称 鰻・蕎麦通の身で言わして貰えば
おすまし、蕎麦つゆ いずれも砂糖屋が近すぎる・・・でした  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年03月08日 17:15  カテゴリ:

オドントグロッサム

オドントグロッサム(Odontoglossum) 別名:彗星蘭(すいせいらん)
ラン科 オドントグロッサム属 (Odm.)

オンシジウム系の交配種 (原産地は南米ンデス山脈の高地)
花びら(唇弁)にギザギザした突起があり、ギリシア語のオドント(歯)とグロッサ(舌)を組み合わせ.』です



10年ほど前に三河上郷駅近くの喫茶店で花の終わった子をもらい育てています
冬の寒さ、夏の暑さに弱く<育て方はやや難しい部類に入りますが、
拙宅では加温しなくても凍らない室内で咲かせることが出来ます

  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2017年03月07日 09:19  カテゴリ:カテゴリ:蘊蓄

カトレア

この子はカトレアではなくてレリア・アンセプスです
ラン科レリア属なのですが花屋さんの店頭ではミニカトレアの名前で売られていることが多い


そしてカトレア・インターメディア いずれも拙宅で咲いている子です


名前が広く知れ渡っているカトレアはラン科カトレア属なのですが・・・

<知っているようで知らない真実>
①カトレア属(Cattleya) (略称はC.)はブラジルを主に20種以上の原種があります

②近い仲間にはレリア属,ソフロニチス属,ブラッサボラ属等があり、いずれも相互交配が可能で、膨大な品種が作出されカトレアの名前で販売されている

③ランにはC3型光合成とCAM型光合成を行うタイプがあり、カトレアも後者でそれには葉の厚い仲間が多い
しかし、ランにC4型光合成があるのかは知らないので・・・m(_ _)m

④育て方はファレノプシスと似ている
自生地では樹木に着生して育ちますから、お風呂の中のような高温多湿でゆるやかな風が通る場所が大好きです。 
できれば昼夜間の温度差が10℃で夜間は20~30℃が保つのが好ましい
以下略


今日は山野草の植え替え・・・

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2017年03月02日 17:37  カテゴリ:カテゴリ:蘊蓄

ファレノプシス

ファレノプシスはラン科ファレノプシス属(和名:胡蝶蘭属) の花で花弁が蝶々の形をしています。
次の画像は拙宅で育てている種類


<育て方>
①自生地では樹木に着生して育ちますから、お風呂の中のような湿度があり、しかも緩やかな風が通る場所が大好きです。
②上記のようであれば全く土を必要としませんが、日本で育てる場合は水苔やバーク(木くず)で植えます。
③冬は温室等で15℃以上に加温するととも、湿度を与えるために霧吹きをします。
④強光線に弱いので冬以外は直射日光が当たらないようにネットなどで光の加減します。
⑤肥料は成長期に2000倍液を水やり代わりに施します(15℃以上保てないような寒い季節にはあげません)

<知っているようで知らない真実>
①ラン科は植物の中で最大級の仲間をもつ
世界に700属15000種以上あり、日本でもに75属230種があり、ファレノプシスはその1つの属で20種以上の原種があります。

②ファレノプシスの名前の由来
ファレノプシスとはファライノ(phalaina:蛾)とオプシス(opsis:~のような)の2語の組み合わせで、「蛾のような」意味合いとなります。
日本では蝶と蛾の名前が別れていますが、どちらも同じ「鱗翅目」であり、世界では区別されていません。

③胡蝶蘭とは?
正確にはファレノプシス属=胡蝶蘭ではなく、胡蝶蘭とはファレノプシスの中の1品種(学名:Phalaenopsis. aphrodite)に与えられた名前です。

胡蝶蘭は次の白系統種に付けられた名前
参考ページ http://www.phals.net/aphrodite/index_e.html 


④ラン科は高山植物ではなく、サギソウ(鷺草)・シラン(紫蘭)などの種類があり、平地・水辺・樹間など多種多彩な形、育ち方をします。

⑤蘭の名前がついているが蘭科ではない花
スズラン(鈴蘭)・クンシラン(君子蘭)・ヤナギラン(柳蘭) 等々 いっぱいあります。  


Posted by 和ちゃん │コメント(3)

2017年02月24日 17:46  カテゴリ:おいしいブログ(グルメ/料理など)

牛フィレ ひつまぶし定食

毎日のランチタイムが楽しい!
どこかの広告で見た気のするお店を「みよし市明知」で探したけど
ネットでヒットせず 結局薬局放送局から いつものお店へ
 
鰻のひつまぶしは常套手段だけど
牛フィレも癖になりそう・・・(*^_^*)




食事 和処「花乃里」
会員様は10%引き 当日入会OK

豊田市岩倉町一本松1-1  ホテルフォレスタ 3F
0565-58-3530   


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2017年02月20日 17:01  カテゴリ:おいしいブログ(グルメ/料理など)

浜木綿 PartⅡ

美味しい物は何処までも・・・なんてことはありませんが
小籠包ランチは主菜が3つのうちから選択制ですから
食べ損なった気がして



2日前は二人で出かけたのですが仲間を誘って全種目制覇


  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)