ブーログ › 和ちゃん日記Ⅲ

2018年06月20日 13:26  カテゴリ:

アジサイを増やそう

左の花は島根で作出されたアジサイ「万華鏡」
新品種コンテスト ジャパン・フラワー・セレクション2012で最優秀賞の「日本フラワー・オブ・ザ・イヤー2012」受賞した子
アジサイは容易に挿し木で増えますから、お気に入りを見つけましたら一枝頂いて増やして見ませんか
右側は額部分が垂れ下がるようになりましたから花の剪定時


①花の下で葉の付け根に新芽が見える位置1センチ程度上で花を取り除きます
 葉からの水分蒸散をふせぐために、葉を半分程度に切り詰めます
②さらにその下の葉の1センチ程度下で切り取り挿し穂とします
 その部分は土の中に差し込みますから、葉を取り除く
③挿し穂を1時間程度、水に浸けておき、その後にポットに挿し木
 発根しますと芽が動き出しますので、それまで乾かさないように気をつけます
④植え替えは11月中旬に一回り大きい鉢へ(翌年の3月頃でも可能)

これも、挿してある様子

挿し穂を切り取った②の下の1センチ程度上で切り取れば元株はそこから来年用の花を形成します

これは少し前に挿し穂した近縁種の更紗ウツギですが
すでに新芽が立ち上がっていますから、来年は右のような花が見えると思います


同じ場所で育てているフウランの浸み鉢付け 花は前投稿
趣味鉢は豊田市内
作陶家「日々うつわ」で注文による購入


以上は私が行っている方法ですが、これより良い方法も存在すると思いますので
ネットで確認するなどなさって下さいませ
  


Posted by 和ちゃん │コメント(3)

2018年06月20日 08:50  カテゴリ:

フウラン

風蘭は空気中へ根(気根)を伸ばして樹木や岩に着生するラン科の花
花には甘い馥郁とした香りがあり夕刻から強く香ります
花の後ろに突き出した部分(距,きょ)が長いのが特徴
江戸時代からの伝統園芸植物で、富貴蘭(ふうきらん)と呼び珍重されました
フウラン(風蘭) ラン科 /フウラン属 Neofinetia falcata

この子は自然風な造形や趣きを見せるため、浸み壺に植えてあります
この先、根が鉢の周囲に廻りつくように伸びてきます


{浸み壺}とは
普通の園芸鉢とは違って底穴が無く
壺の中の水が表面に少しずつ滲み出てきますから
その水分で栽培します

この鉢は一般園芸店では販売されないので
豊田市内の作陶家「日々うつわ」から求めました
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年06月19日 17:08  カテゴリ:おいしいブログ(グルメ/料理など)

水無月御前

画像が後先になりましたが デザート 水菓子


6月のテーマ料理 水無月御前
鮎の田楽味噌・湯葉豆腐三種・鱧・温物・御飯・香物・椀物


今日は「砂糖屋さんが近かった」とは 同行者と合致した言葉
 
食事 和処「花乃里」 女性会員は10%引き 当日入会OK
豊田市岩倉町一本松1-1  ホテルフォレスタ 3F
0565-58-3530  3,000円(税込)  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年06月17日 12:50  カテゴリ:カテゴリ:趣味ブログ

アジサイ

天気予報では明日から連続で雨 そう雨に合う花はもちろんアジサイ

満開になると淡いピンクになるお気に入り種 (1株増やすために挿し木をしました)

その花も満開前は白色


この色で密集させると豪華になりますね (お隣の庭ですから、断ってからの予定)



前に紹介した山アジサイ (この子も挿し木をしました)

その大きさは超小型で花全体でも5センチ 隣の子は15センチですから

トリミングで大きくしてあります


(他の画像は5000万画素から逆に30万画素に圧縮)  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2018年06月14日 20:34  カテゴリ:カテゴリ:話題

トンボの湿地

歩くにまかせて「自然観察の森」のトンボの湿地で植物探訪

湿地の中ではひときわ目立つ花 スイレン科の植物「コウホネ」
増えすぎるのか株ごと掘りあげられていた(北隣接する池に生えていたのかも?)


花は目立たないか、名前だけは端午の節句で有名な菖蒲(これが本物)


ここも猪や鹿の食害があるらしく電気柵による防護が設置されていた
容量は少ないが電圧だけは高いから、散策時には要注意設備


野花菖蒲(花菖蒲の原種)のようにも見えるが、遠くからでは確定できず
本来の自生地ではなく、どこからか移植されたのかな?


立浪草の仲間?も見られるが、これも上と同じように?


北部にあるトンボの湿地 案内看板


探訪感想
以前と比べて、葦や葦と呼ばれるような繁殖力の強い植物が幅を利かせているような
結果、私の期待するような植物はじり貧で少々ガッカリ
メダカも外来種が見られるとの記述が
 
それでも期待して、来年再びお目にかかりましょう  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年06月03日 08:01  カテゴリ:

山アジサイ

梅雨に向かって元気になる花 紫陽花(アジサイ)
水が好きですから、鉢植えの場合は水切れに注意します

井内錦 (イウチニシキ) 自生地は愛媛県の井内山付近
絞りのある小型の山紫陽花 花笠は5センチ程度の超小型種


この子も小型種の羽衣の舞(ハゴロモノマイ)
白色もしくは薄い桃色


真横から撮りました

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年06月02日 16:06  カテゴリ:おいしいブログ(グルメ/料理など)

病気治療に専念

いつもの病気治療

治療3日目 
利根川医院 受付のタヌキが親切
長野県北安曇郡白馬村飯森


治療4日目
駒草屋医院 細く長く丁寧に治療します
長野県駒ヶ根市赤穂4-190


治療2日目
高野屋医院 お薬の調合がすばらしく、飲みやすい
長野県安曇野市明科中川手6818-30



治療1日目は 豊田市の「すもも医院」にて 詳細省略

これだけ治療してもまだ癒やされず
来週からはブログを欠席して<本格治療に専念する予定です・・・・・・・


  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年05月31日 07:51  カテゴリ:

墨田の花火

額紫陽花(ガクアジサイ) 墨田の花火 ユキノシタ科アジサイ属 
花火のように星形の花が飛び出すように咲きます。


花は白から次第に赤色がほのかに入ります。
一昨年に挿し木した子が花友達のお宅でも咲いている頃


この子も昨年花の終わった子を挿し芽にしたもの(安曇野から)

豊田市民山の家 リゾート安曇野は来年3月末で閉館されます  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年05月29日 17:03  カテゴリ:

透かし百合

スカシユリ(透かし百合)として花屋さんの店頭に並ぶ花
本来のスカシユリは日本に自生する岩百合の別名
リンクの画像を見て頂けると判るように
花弁の根元が細くて先が透けて見えることから付けられた名前
私が投稿した子は原種等を元に作出された園芸種
原種のように透けて見えないので正確には???


次はオリエンタル・リリー(オリエンタルハイブリット)と呼ばれる園芸品種
昨年の母の日に届いた子


昨年の様子ですが それが上のように株が2倍に増えて一段と豪華に
小さな子球も10球以上増えたので、来年咲かせるよう庭で別に育てています

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年05月27日 12:26  カテゴリ:おいしいブログ(グルメ/料理など)

菖蒲御前

梅雨も間近、出かけるのは雨の落ちない日に
そして美味しい物を頂きましょう

5月のおすすめメニューは 菖蒲御膳 と言ってももうすぐ新Versionになるけど 

今日も美味しい料理をありがとう
 
食事 和処「花乃里」 女性会員は10%引き 当日入会OK
豊田市岩倉町一本松1-1  ホテルフォレスタ 3F
0565-58-3530
3,000円(税込)
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年05月23日 12:43  

紅下野(ベニシモツケ)

下野国(しもつけのくに、現在の栃木県)で
最初に発見されたことから付けられた名前とも言われています。
白花や源平花(赤白の混在)もあります


昨年の夏に花友達から「夏の間、預かって欲しい」と頼まれ
結果、永久預かりになってしまった子です


シモツケ 学名:Spiraea japonica
バラ科 シモツケ属
自生地は日本・朝鮮半島・中国  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年05月21日 06:22  カテゴリ:カテゴリ:話題

ヤマアジサイ

ヤマアジサイのアップ画像です
よく見るとシベが繊毛のように細かく、そして糸を引いています


今現在、咲いている別種のアジサイ
ずいぶん様相が違います

 
昨年の6月末に豊田市民山の家 リゾート安曇野へ出かけ
その際の小さな子を挿し木したものが一年で花が咲くまでに生長しました


豊田市民山の家 リゾート安曇野は来年3月末で閉館されます
  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2018年05月20日 15:47  カテゴリ:おいしいブログ(グルメ/料理など)カテゴリ:話題

大九州物産展 Ⅱ

前回、出かけた際にガラガラポットンのくじで当てたラーメン
自宅で食べたところ、これが美味しかったので、それを目当てに再出向
色の割に味は薄くて好みの一品
味千(あじせん)ラーメン シャーシューが多めのものを注文
そして3袋を持ち帰り 次回も出かけよう

  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2018年05月20日 05:34  カテゴリ:カテゴリ:話題

朝の散歩道

ワルナスビ(悪茄子) 花 ナス科の植物で外来種(嫌われ者)
種で容易に増えるから、トヨタスタジアム周辺の路傍にも沢山生えている


ジャガイモの花 ナス科の植物で南米原産
ワルナスビの画像にも同じように添付したが、可愛い実を付ける
生産農家によっては実を付けないように花を切り取る方も


同じナス科の植物にはトマトピーマンがある

今朝は昨日とは違い雨もなく、蒸し暑さもなく
爽やかな一日で過ごせそう・・・(*^_^*)
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年05月19日 06:07  カテゴリ:話題

大九州物産展

毎日が日曜日気分で  ひまぁ~ (時には そんな想いがあっても良いわねぇ)
それで出かけた先が大九州物産展 買い求めたは物は


鯖寿司・めはり寿司・たこ焼きはいつもの銀だこ
めっちゃ忙しい方も すげぇヒマな方も 出かけてみては 


昨日のお話 期間は5月17日(水)〜5月23日(火)まで  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2018年05月18日 04:59  カテゴリ:カテゴリ:話題

朝の散歩道

キリンソウ 
多年草で寒さにも耐えることから
路傍に根付くと毎年のように花を見せてくれます


蔓マンネングサ 
この子も強健で乾燥にも耐え、こぼれ種で増えます


オオヨシキリ 
子育てのシーズンには縄張りを主張しますから居場所がわかります
また葦のような草の茎に巣を作りますから
あちこち探さなくてもネ
(画像の切り取りですから、粒子が荒れてます)


  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年05月16日 07:21  カテゴリ:話題

朝の散歩道⑦

トヨタスタジアム周辺の田には水が張られ、早苗が植えられている

足元から急に飛び立った小鳥 一瞬のことですから、上手く撮れませんが
それでも鳥らしき様子が・・


遠くでキジが鳴くので、チョイ 望遠で撮りました
この季節は「子育てシーズン」なので
草地のあちらこちらからキジの警告音が聞こえます


通常はコスモスの季節ではありませんが、
前々の種から発芽したのでしょう


上はこの画像から切り出しました




  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年05月15日 12:59  カテゴリ:カテゴリ:蘊蓄

卯の花

更紗空木(サラサウツギ) 日本の各地に自生する
八重咲きで、花びらの外周は紅紫色


桜空木 小型種で鉢植えにも向く 花色は更紗空木に近い
やや大型のウツギ・マギシエン(空木・マジシャン)呼ばれる子もいるが
私には見分けがつかない


四川空木(シセンウツギ) 中国原産 樹高は2m程度


梅花空木(バイカウツギ) 花弁の形が梅の花に似ていることから由来


大谷空木の園芸種で葉に外斑の入った子 フロリダ・バリエガータ


卯の花と呼ばれる空木(ウツギ) ウツギの頭文字から卯(う)の花とも呼ばれます
童謡の「夏は来ぬ」の歌詞にもあるように、初夏の風物詩とされてきた花
旧暦の4月を卯月と呼ぶのは「卯の花の咲く季節」からされる。

本日の和暦5月15日は旧暦の4月1日でもある 旧暦の 4月30日は和暦6月13日



  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年05月13日 11:08  

燃費 正解は ?

自動車燃費測定ではJC08モードが使われ、それがカタログ燃費となっていることが多い
前は主に10・15モード燃費が使われていたがカタログ燃費とするには実燃費とかけ離れて過ぎていることから使用されるようになったモード

<プリウスαのカタログ燃費>
10・15モードは31.0㎞/L JC08では26.2㎞/L
<走行による実燃費?>
オドメーターによる数値で26.4㎞/L (次の画像)
少し走行してオドメーター26.3㎞/Lの時点で給油して
  満タン法で計算すると25.80㎞/L

上手く走行したつもりの燃費 どれが正解???

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年05月12日 19:57  カテゴリ:おいしいブログ(グルメ/料理など)

魚太郎 ランチ

明日からはまた下り坂
でも今日はお天気も良いのでそれまでにお出かけを
即決で知多半島まで出向をすることに
今年はウナギの値段が上がりそうとの予報があり
お魚の美味しいのも食べたいし 海鮮丼+カキフリャア

取り合わせの是非はさておいて まいう~ でありんした

蕎麦欠病はどうしました?との問い合わせが無いように
「昨日のランチはスモモでザル蕎麦でしたから」
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年05月10日 13:21  カテゴリ:趣味ブログカテゴリ:話題

外付 ハードディスク 壊れた

昨日からハードディスクでカチャカチャ音が出始めました
音の原因は不良で読み込めなくなりアクセスを繰り返しているためでした
そこで買い換えてデータを移す必要が発生
 
次の仕様も同じRAID1のミラーリング
ただし容量だけは1TByteから2TByteと大きくすることに
画像はRAID5の特殊仕様(新古品)で大変安かったけど、新品を注文・・


[RAID1,ミラーリングとは]
2台のハードディスクを1組として、それぞれに同じデータを書き込むため
片方が壊れても、もう一方は動作するのでデータの復旧が可能
前回は1TByte×2台を使用して、実容量1TByteで利用(ノーマルタイプ)
次回は2TByte×2台を使用して、実容量2TByteで利用(高信頼度HDD仕様)  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年05月08日 13:02  カテゴリ:カテゴリ:話題

タケノコを購入しに出かけました

目的はそれではなく、蘭に使用する水苔を求めに出かけたのですが、
小さな袋が2つ残っていただけ

道路が空いているからと、ゴールデンウィーク明けにしたのですが、
混雑するときに売れてしまったのでしょうね

で、仕方がないから売れ残りのタケノコ300円×2袋を購入して代替


売れ残りではなく今朝ほど届いた新規納品であり、
もうタケノコを買う人はいないだろうとの推測でお安くされたそうです

新城市にある道の駅 「つくで手作り村」 から でした  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年05月07日 06:25  カテゴリ:

雨の朝

ゴールデンウィークは天気に恵まれて良かったですね
満開のシャクヤクは雨の洗礼を受けて花弁を落としそう
でも中心に見られるように、種が3つ出来ていますから
花弁の役目をほぼ終えていそうな気がします


紫蘭の三蝶咲き
考えていたより花弁の開きが狭い
逆に花色のコントラストが強く感じます


では、今日も元気で仕事に励みましょう
私には五月病なんて微塵もないから・・・(*^_^*)

  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2018年05月06日 07:34  カテゴリ:

GW 最終日

おはようございます!
今日はゴールデンウイーク最終日
15時ぐらいまでは晴れが続き、最高温度も25℃までに
快適にすごせそうです

庭で一人生えのクレマチス 明日の雨に影響されそう
(西中山の緑化センターで買い求めた子のこぼれ種から) 


オランダアヤメ(球根アイリス) 毎年GW前後に咲き、畑で育ちます


ドイツアヤメ 花弁にヒゲが生えていることからヒゲアヤメとも、畑で育ちます


この子もGWが最盛期 アヤメ(綾目) 名前の通り 花弁に綾目模様があり 畑で育ちます


カキツバタ(年中水の中で咲きます)



<参考>花菖蒲 花期は6月に入ってから 畑で育ちます


<参考>菖蒲 サトイモ科の植物でありアイリスの仲間ではない 
     花は貧弱? ですが菖蒲湯に利用されます


鉢植えの姫黄梅も今が盛り (一般的な黄梅の花期は2~3月)


タツナミソウ(立浪草)の白花 雑草のごとく庭で繁茂、席巻
すぐ後ろは肥培中のクリスマスローズ


明日は終日の雨模様でやや多めに降りそう←リンク

それでは 今日一日 楽しくすごしませう

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年05月04日 09:21  カテゴリ:

春は花色

温室育ちのカトレアもGWを目指していたのか今が満開
日をあけて1輪ずつ開花するのですが、4輪同時に咲きました


デンドロビウム その① 赤頭巾


デンドロビウム その② {忘却}


デンドロビウム その③ 垂下性のファーメリー



少し毛色の変わった花で 
中南米の高温多湿地帯の岩や崖の窪地などに自生することから
断崖の女王とも呼ばれる「シンニギア・レウコトリカ」
別名:ブラジリアン・エーデルワイス


これからは日差しが強くなりますから
寒冷紗などをしないと葉焼けをする子がほとんど
9月までは光量の調整と肥培
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年05月02日 05:26  

シラン (紫蘭) 三蝶咲き

紫蘭の三蝶咲き 
左右の花弁の形が舌花弁と同じように変化した花

この画像から切り出しました


わかりやすいように通常の紫蘭を


白い花 それでも紫蘭


白い花で舌花弁の先が口紅のように色づいた子 口紅紫蘭


①おまけ 青紫蘭


シランにもこんなに種類があるから楽しくなってしまいます
もちろん 純日本産
①の花 増殖中のため、ご希望の方に無償提供させていただきます


  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年04月30日 12:30  カテゴリ:

とよたガーデニングフェスタ2018

今日は「とよたガーデニングフェスタ2018」の最終日
セッコク(長生蘭) 「都姫」


展示しようと考えて 流木に着生させ作ったもの


この子は化粧鉢に入れて


横に長く育てた子は平鉢に


無銘の品種(忘却しただけ) は横長に


3日間とも続けて通い 
いずれも展示されることはなく
放送局、次の子を買って帰りましたとさ


  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年04月28日 13:26  カテゴリ:日記カテゴリ:カテゴリ:話題

奈良へ修学旅行

東大寺の大仏殿 初めて、ご尊顔を拝し奉り候詳細はリンク
平日でも人気抜群で、しかも修学旅行シーズンの生徒さん達
次に多いのが中国語を話される方々
そして、それ以外の国々の方達に何とか混じり込んでの旅行でした


どうしてもどうしても追いかけてくる鹿さん達 (投稿許可済)


春日大社 万葉植物園で藤「八重咲黒龍」 花を見るたびに足を止めて


同じく「黒花風露」


  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2018年04月27日 16:11  カテゴリ:カテゴリ:話題

高鴨神社 日本桜草

御所市の高鴨神社が改築されたとの話を聞いて
信心深い私ですから 昨年に続いて今年も参拝 その証拠写真


せっかくですから 訪れたついでに日本桜草をすこしばかり求めました
淡い桃色が優しく香る「浮かれ獅子」


そして東錦


西王母 求めた苗には花がついてなかったので展示品の画像


帰りすがら 途中の道の駅でセッコク「壺紫」


さらにセッコク「土佐姫」 手持ちはあるのですが元気が無いので新しい子を追加


昨年訪れた時の改築前写真 若い私なれどもここにも「信心深さ」がほとばしっている 


続きは信心深い鹿達と・・・

  


Posted by 和ちゃん │コメント(4)

2018年04月25日 10:58  カテゴリ:カテゴリ:話題

朝の散歩道⑤

ナガミノヒナゲシ ヨーロッパ地中海沿岸原産で日本全国に広く分布 
50年以上前に観賞用として導入したものが、今や雑草のごとく繁茂



空き地や道路脇、そして家庭の庭にも入り込むので除去が大変


シラン お庭に咲いていた子を道路から撮影


自宅のシラン(青花) こちらの方が紫蘭らしい (*^_^*)


 
今朝は雨が降っていましたので散歩は中止 前に撮った中から
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)