ブーログ › 和ちゃん日記Ⅲ

2018年10月13日 06:17  カテゴリ:

白花ホトトギス ④

白花ホトトギス(斑入り)
ホトトギスは日本と台湾に自生する多年草で、地下茎や種で増えます


切り取り拡大してみました


  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年10月12日 12:16  カテゴリ:

月下美人

サボテンの仲間 月下美人
昨晩は沢山 花を咲かせてくれました
夕刻から開き初め満開時刻は21時前後
玄関に置いたのですが芳香がいっぱい


前晩の1輪に続いて 8輪も
原産地はメキシコの熱帯ジャングル
意外と知られていないのは、木の幹やコケ等に着生して育つこと。
蕾・花・実のいずれも食べることができるそうですが、拙宅では未体験ゾーン
通常は1回/年咲くのですが、今年は8月に続いて2度目

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年10月11日 12:42  カテゴリ:

ホトトギス 峰の雪 ③

ホトトギスの園芸品種「峰の雪」


その交雑種 拙宅で生まれた子なので名前がありません


そして この子も


ホトトギスは精力旺盛ですから
容易に結実して庭のアチラコチラに生えてきます
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年10月11日 12:19  カテゴリ:

ホトトギス ②

ホトトギス(日本の)とタイワンホトトギス(台湾杜鵑草)の交雑種


見たってどこが違うのか  
違うのはわずかな花色だけ
これを日本と呼ぶのか台湾と呼ぶのかは所有者次第
別に ヒロハノタイワンホトトギス(広葉の台湾杜鵑草)もあるから・・・(*^-^*)


鳥のホトトギスと彩度を無くした花とを並べて 
似ている縞模様の比較をしました 

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年10月11日 11:04  カテゴリ:

キイジョウロウホトトギス ①

キイジョウロウホトトギス(紀伊上臈杜鵑草)
垂れ下がって咲く上品な花
暑さに弱く、7月~9月の間に直射日光に当たると葉が枯れ込む
∴鉢植えにして、その間は家屋の北側で育てました


垂れ下がって咲くので下からのぞかないとシベが見えない


紀伊:原産地が紀伊半島
上臈:江戸時代の大奥女中の高級女官役職名
杜鵑草:花弁の模様が鳥のホトトギスに似ていることから由来する名前

投稿の子はホトトギスの一種ではあるけれど由来の花とは別
後ほど、投稿します  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年10月08日 05:48  カテゴリ:趣味ブログ

一眼レフではないカメラ

二眼レフカメラ
下段に撮影用のレンズ 上段にファインダー用のレンズがある
上段視認用ファインダーへは光を屈曲させるために
 反射装置(レフレックス)があるので省略してレフと呼んだ

二眼レフではレンズを二重に使用することから
 これを省略しようと設計されたカメラが一眼レフ

次は一見して一眼レフのようにも見えるが  一眼レフではない

一眼レフから、さらに反射装置(レフレックス)を取り除き
レンズから記録用素子に直接 光を当て記録する
ファインダーへは素子からのデータを利用する


デジタル一眼レフ と レフ無しのデジタル一眼が共存するようになり
カメラ店でもデジタル一眼レフの看板を取り下げ 
 デジタル一眼の表記とせざるをえなくなった

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年10月07日 12:54  カテゴリ:

イワシャジン

西山公園で開催中の山野草展から
イワシャジン(岩沙参) キキョウ科ツリガネニンジン属
山岳地帯の岩場などで咲いています
茎が細く 少しの風でも揺れますので 風鈴みたい

育て方は「ちゃーりー’Sガーデン」をご覧下さい



その白花種


タイカカラマツソウ(大花唐松草;白) キンポウゲ科バイカカラマツソウ属
中国原産

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年10月06日 12:34  カテゴリ:趣味ブログ

レーダー探知機 マツダ車

マツダ車追い抜かれたり、すれ違ったりするとレーダー探知機が反応することがあります
その理由は
マツダ車にはリア・ビークル・モニタリングシステムが搭載されている車種があり、隣車線上の後方から接近する車両をレーダーで検知すると、インジケーターが点灯してドライバーに知らせるシステムです。
システムがスピード取り締まりとほぼ同じ電波を使用しているために、反応してしまうのは必然的なこと

そのレーダーシステムとは電波を発射して跳ね返ってきた値から、後続車の有無を判定するシステムのこと(ドップラー効果)
他にもドップラー効果を利用しているものに、自動ドアなどがありますから、あちらこちらで反応します


ドップラー効果とは
(例として)救急車が近づいてくる時と、過ぎ去っていく時のピーポー音が変化するように
近づいてくる時の音周波数は(ピーポー音)+(車速)で、元の音より高くなり
逆に過ぎ去っていく時は(ピーポー音)-(車速)で元の音より低くなる現象を言います


自動ドアも同じようなシステムで、動く物に反応して動作しますから、亀足のようにゆっくり進むると、動作しない場合もあります
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年10月05日 05:32  カテゴリ:趣味ブログ

超小型 USB メモリー

自動車で音楽を聴くために使用している超小型のUSBメモリーをご紹介します

SanDisKのクルーザーフィット USBフラッシュメモリーSDCZ33
その大きさは全長で17㎜しかない
パソコンに挿入したままで撮り外す必要がないことから購入したもので

それを最近は自動車で音楽を聞くために利用している
容量は16GB(16000MB)もあるから、歌謡曲では4000曲以上を収納できる

クルーザーフィット
SDCZ33の仕様 USB2.0 16GB~64GB
ウルトラ フィット
SDCZ430の仕様 USB 3.1 (Gen 1) 16GB~256G



注意事項 
連続して大量のデータを書き込まないこと
理由は小型のために書き込み時に発生する熱を逃がしきれなく、熱暴走する場合がある
(私の経験から一回の書き込みは500MB程度までとし、数分間空ければ良い)
USB2.0仕様の一部製品にUSB3.0として認識される場合があり、そのせい??

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年09月30日 16:48  カテゴリ:おいしいブログ(グルメ/料理など)

蕎麦 鐘庵

時々は蕎麦をいただかないと、深刻な状態になってしまうから
そこで鐘庵の「ぶっかけ蕎麦」 ¥350 を
天ぷらどころか 天カスも入っていないから ネギだけはドッサリと
乾麺を茹でただけの蕎麦でも治療のために


同行者はウドンを選択


それだけでは どうにも満腹感が無い
そこで銀ダコ・・・・
メグリア本店は営業時間を短縮するとの案内がありました

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年09月30日 05:27  カテゴリ:日記カテゴリ:趣味ブログ

散歩用 カメラ


      1992年発売の古いレンズをガラクタ市で 発売当時のお値段は 34,000円
      カメラ本体 Canon EOS 7D 発売2009年10月

{近くの物を} それなりに写ります
台風に揺らされる前に落ちていました


{遠くを} 歩きながら手持ちで撮ったお月様
手ぶれ補正も何にも無いレンズですから、シャッタースピードを速めにして撮りました


揺らされなくとも、歩きながらわざわざ捨てる 
ここはゴミ箱ではないのですから 持ち帰って自宅の部屋の中へ捨ててみなさい



庭から道路沿いに飾ってある?花  前2件とは絶対的に心が違う


  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2018年09月29日 11:06  カテゴリ:日記

散歩道 十一重の塔

七重の塔が昇格して十一重の塔になりました


そこへサギが飛んで来て


後を追うように撮ったのですが、これが結構難しい


田んぼにいる様子


近くにはケリも沢山
飛んでいる鳥を撮るのはそれなりの道具が必要なのを実感して
考え中・・・・・

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年09月27日 12:33  カテゴリ:日記

七重の塔

豊田に七重の塔が出現しました。
いつまであるのかは知りませんが、
ごらんなりたい方は取り壊す前にどうぞ・・・(*^-^*)

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年09月26日 11:03  カテゴリ:日記

今朝の散歩道

豊田スタジアム東側のヒマワリもほぼ終盤でしょうか
少しだけ残っている株 精一杯に咲き誇っている様子です


その隣の農業用水取水場はゴミ捨て場?
ここでオイル交換でもしたのでしょうか、空き缶がそのままに
それと怪しげな黄色の物体が2個


それは、ここから取り外して移動させたものらしい
歩道と自転車通行帯の区分用ポールのはず
誰がこんな事をするのか・・(`ε´)
私のような多忙者にとっては考えられない・・(^_^;



せっかくの自転車通行区分帯もこれでは・・・


なんのためか? 
分離柵に自転車用のワイヤー錠が取り付けてある


近くのコンビニで飲料を買い ストローで飲みながら歩き そして ポイ
この程度のゴミ捨ては 妙に可愛らしく感じてしまいました







  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年09月25日 09:00  カテゴリ:日記

散歩道

季節の花ですから、あちらこちらへ登場する彼岸花
この子は豊田スタジアム周辺に咲いているのを撮ったもので
逢妻女川や矢勝川で咲いてる子と同じ(規模が違うけど)
 
鮮やかな色とは裏腹に花全体に神経毒があることをご存じでない方が多いようです
※特に球根に多く含まれています
※同じ彼岸花科の水仙も有毒で、ニラと間違えて食中毒になられた方も
 
画像サイズ860万画素のためサムネ表示としてあります


こちらの元画像から切り出しました( トリミング)


  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2018年09月24日 05:40  カテゴリ:日記

散歩道

昨日はお日柄も良くて、お散歩カメラにはサイコー
遠景ですが、拡大すれば校庭がハッキリと見えます
画像サイズが大きいので圧縮してあります


虫たちも元気につきあってくれました


コスモスの元気をいただきに


その元画像です


撮りに行った目的は、この子ですから



  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年09月23日 19:27  カテゴリ:話題

今日の散歩道

ここはどこでしょう?


部分的に切り出すと何処か判らなくなってしまいますが


こちらが元画像です
産業フェスタの賑わいを傍目にトヨタスタジアム東で風景を撮りました
黄花コスモスを撮りに出かけたので、その際に


黄花コスモスの続きは別投稿します
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年09月22日 16:54  カテゴリ:おいしいブログ(グルメ/料理など)

日本の味と技めぐり

採れ立ての美味しい栗が味わえる季節になりました
「日本の味と技めぐり」メグリア本店  開催中〜9月25日(火)

そのチラシに初出店 
 栗吉の焼き栗が目にとまりましたさかい
こないなの めっちゃ好きやねん



誰にも見つかれへんように そっと出かけました

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年09月18日 06:24  カテゴリ:日記

今朝の散歩道

ジニア(百日草) キク科ヒャクニチソウ属
日本でも古くから栽培され、
名前のように花期が長いことから一輪挿し等に重用される
食用菊があるように、食用として大きく育てる仲間がある

ジニア・エレガンス


こうして花壇へ密生させても、枯れた花が見当たらない
ジニア・プロフュージョン


やや小型種のジニア・リネアリス(細葉百日草)




  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年09月17日 07:44  カテゴリ:日記

今朝の散歩道

前に半田の矢勝川へ見に出かけたことのあるヒガンバナ
近くには宮上でもなのですが、実は一度も見に出かけたことがない
それでもトヨスタ散歩でも遠景で見ることが


出来るし、トリミングすれば


もっと近づいてみれば、ヒガンバナそのものであり
宮上や矢勝川の子達と全く変わりがない・・・(*^-^*)

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年09月16日 09:27  カテゴリ:蘊蓄

LED天井灯

我が家には天井灯が大小取り混ぜて20箇近くあり、
中でも使用頻度の多い方から10箇をLEDタイプに取り替えました。

目的は使用電力量の低減で
蛍光灯を使用したタイプと比較して50%程度ですから
逆に寿命は3倍以上
 
それを従来型の電球と比べるといずれもLEDが段違いに良い

①平成32年から国内では蛍光灯の製造販売が禁止されます
②すでに電球もほとんどのメーカーで製造が中止となっています(特殊タイプを除く)

そこでひ弱な私でも簡単に取り替えの出来る
 引っかけシーリング型の一部を取り替えた訳です
単なる電球型もほとんどをLEDしましたし
 これからボール型のLED化も予定しています

 
①蛍光灯は水銀蒸気を利用して発光させる仕組み (中に水銀が入っている)
  器具に使用されている安定器にはPCBが含まれている
②消費電力(地球温暖化)抑制のために政府指導(禁止ではない)  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年09月16日 06:24  カテゴリ:日記

雨の散歩道

ニラの花 (Allium tuberosum) ヒガンバナ科ネギ属
手っ取り早いお話で葉を中華料理の餃子やニラ玉にも使用される
和食でも味噌汁の実、おひたし、薬味として

性質は強健で種でも株でもどんどん増えます
白い花後には種ができ、熟して表皮がはがれると中から黒い数粒が
これを蒔いておけば、容易に発芽します
もちろん株を掘りあげて移植するのも桶
 
利用するときは葉の緑の部分だけを摘み取れば
その後に株は再生しますから耐えることはありません
逆に放置すると雑草化で繁茂しますから・・・(^_^;



トヨスタ周辺ではこれより細いノビルも見られますが、
こちらは穂先を少し含んでみると苦みが強烈であることが判ります
 
他にも玉すだれも見られますが、簡単に見分けられますが、こちらは有毒
それでも食べてしまった方も見えるとか




  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年09月15日 08:02  カテゴリ:日記

雨の散歩道

ジンジャー(Ginger lily) 
和名:花縮砂(はなしゅくしゃ)

インド原産 ショウガ科の植物
食卓に上るショウガとは同じ仲間なのですが、それとは別物

香りがすばらしく横を通っただけでも漂ってきます

 
近くの畑でもショウガが栽培されており、茎葉ともにそっくりで
花も咲くらしいのですがこれまでは見たことがありません

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年09月14日 12:49  カテゴリ:おいしいブログ(グルメ/料理など)

間違えた (;゜ロ゜)

今朝の新聞折り込みを見て、お昼はここにいたしませうと
 
張り切って出かけたお店は 四郷の回転寿司

ガビーーーンッ

若年性認知症にでもなってしまったのでせうか・・・(^_^;


  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2018年09月14日 06:32  カテゴリ:日記

雨の散歩道

ホシアサガオ(星朝顔) 南アメリカ原産 ヒルガオ科サツマイモ属
花の大きさは1.5~2㎝の細長いラッパ状
空に向かって咲いている様子


少し斜めに咲いた子を前から撮りました
そういえばサツマイモの花も大きさこそ違うけど
この子にソックリ賞ですね


台風で倒れたままの稲に、またもや無残な雨


倒れなかった種類の稲 前のは早生かも知れません

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年09月13日 08:02  カテゴリ:お酒カテゴリ:

コスモス

昨日の投稿で、散歩道のコスモスを一部紹介しませんでした
花よりも圧倒的に雑草が多い部分でもコスモスが見られます

昨日出会った花には遠くから憧れるだけのハッとするような子も





ここへはハッとする花は紹介しません、私だけのコスモスだから
大好きな黒龍「石田屋」をいただきなから・・・(*^o^*)


コスモスの花言葉は、調和の美・純真・愛情 等  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年09月12日 08:05  カテゴリ:日記

今朝の散歩道

黄花コスモス でも園芸種が多いので正確な名前はしらない
原産地はメキシコ キク科 / コスモス属 
学名:Cosmos sulphureus 和訳するとCosmosは宇宙の そしてsulphureusは黄色
園芸種が多いので正確な名前はしらない


シロバナコスモス 白花秋桜
ヒマワリと同じ実験農場のようにも見て取れます


トヨタスタジアムの修理も進んでいるようです

  


Posted by 和ちゃん │コメント(2)

2018年09月11日 11:41  カテゴリ:日記カテゴリ:趣味ブログ

今朝の散歩道

トヨタスタジアムの東で咲いているヒマワリ
今年はやや小さめですが・・・実験農園のような雰囲気


その隣ではサギやカラスが餌を啄んでいた


そこへトビが飛んできてのお仲間入り
鳥たちの楽園

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年09月10日 08:39  カテゴリ:日記

今朝の散歩道

西の空が薄く青色になっているので、雨もそのうちにやむだろう
でも、待ち時間にトーストタイムに突入
仕方ないので玄関から400㎜相当の望遠で撮影
雨も写っています


トヨスタへB'sk跡を見ながら・・と言うわけにもいかず
遠くから屋根の写真を撮っただけ

  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)

2018年09月09日 07:51  カテゴリ:カテゴリ:蘊蓄

お彼岸

今年の秋の彼岸入りは9月20日(木)
ブログから遠ざかっていましたが暫くぶりに投稿
彼岸に併せて戻ってきた訳ではありませんので念のため
その頃に咲く彼岸花科の植物 オオキツネノカミソリ(大狐の剃刀)
豊田市稲武町夏焼の大栗山が自生地として有名です

別にキツネノカミソリ(狐の剃刀) も存在します


彼岸花の色変わり種 市内各地で見られます
この仲間は白・紫・桃、そして交配された中間などの園芸種が多くあります


{お彼岸}
仏教界ではお墓参りとか種々あるようですが、そちらは専門の方にお願いすることとして割愛
  


Posted by 和ちゃん │コメント(0)